社会人なら知っておきたいです!【予予】この漢字の読み方分かる?

恋愛jp


日常生活やビジネスシーンで使用するのに、漢字で表記すると難解な言葉ってありますよね。
「予予」という言葉も、そのうちのひとつ。

今回は、「予予」の読み方や意味を調べて、知識の幅を広めましょう!

(1)「予予」の読み方


「予予」という漢字を、難なく読むことはできますか?
「予」を「よ」と読んでしまいそうですが、それでは意味が伝わらないので不正解。

「予予」は、初対面の方に対して、挨拶と一緒に使うこともできる言葉です。
なんとなく、正解がわかった方も多いのでは?

「予々」の読み方は、「かねがね」が正解です。
それでは、「予予」の意味についても調べていきましょう。
(『広辞苑』より)

(2)「予予」の意味


「予予」とは、「前もって」「前々から」という意味があります。
「予」という漢字自体、「あらかじめ」「前もって」という意味をもっているもの。

「予約」「予告」「予算」など、「前もって」という意味を持つ言葉は多様にあります。
その「予」を2つ重ねることで、「前もって」という意味を強調しているのです。
(『広辞苑』より)

(3)「予予」の使い方


「予予」の読み方と意味がわかったところで、使い方も調べてみましょう。
「予予」は、副詞として使用することができる言葉です。

敬語ではありませんが、ビジネスシーンで使用することが多いでしょう。
例えば、「お噂は予予伺っています」「予予からお会いしたく思っておりました」というように使用することができます。

「以前から」と言うよりも、丁寧な印象を与えることができる言葉です。
(『広辞苑』より)

ビジネスの場で使える「予予」という言葉。
正しい読み方や意味を理解しておくことで、自信をもって使うことができるでしょう。

丁寧な言葉を用いることで、知的な印象を与えることもできるので、ぜひ覚えておいてくださいね!

(恋愛jp編集部)

当記事は恋愛jpの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ