冷めてる彼もキュン♡鬱陶しくない「催促LINE」って?

ハウコレ

彼からのLINEの頻度が以前と比べて低くなると、「気持ちが冷めてきたのかな」と心配になりますよね。でもLINEの催促をして鬱陶しいと思われるのは嫌だし…と悩むこともあるのではないでしょうか。そこで、鬱陶しくないうえに思わず彼も返信したくなるような催促LINEをご紹介します!

■かわいいスタンプで催促
文字は読み手側の気持ちしだいで、同じ文章でも違うニュアンスで受け取られてしまうことがありますが、スタンプならその心配はありません。スタンプはジットリした雰囲気のものではなく、明るくかわいいイメージのものをひとつ送るだけで十分です。どうしても文章をプラスしたいときは、「さみしいよ~」などシンプルにひとことあなたの素直な気持ちを送りましょう。

■彼を気づかう言葉を添える
彼からLINEが来ないのは、仕事が忙しいとか体調が悪いからかもしれません。「いつもお仕事おつかれさま!暇なときでいいからLINEくれたらうれしいな」という彼をねぎらう言葉とひかえめな催促は、忙しい彼の心を温かくするでしょう。ほかにも、「元気にしてる?」といった彼の体調を気づかうメッセージもいいでしょう。「LINEして」とハッキリ伝えなくても、あなたの優しい言葉にキュンとして連絡したくなるかもしれませんよ。

■彼が好きな話題を振ってみる
彼にLINEをさせる手段として、彼の好きなものの話題を振ってみるのもいいでしょう。「○○くんが好きって言ってた映画、新作出るよね?観に行かない?」など、今までLINEが途切れていたことには触れずにサラッと送ってみてください。自分の好きなものを覚えていてくれたことを嬉しく思ってくれるかもしれませんし、軽い雰囲気のメッセージは鬱陶しさを感じさせないでしょう。いかがでしたか?催促LINEの大切なポイントは、メッセージを1回送ったらあとは放置することです。不安になった女性がやってしまいがちな自分の気持ちを伝えるたくさんのLINEは逆効果になることが多いでしょう。どっしり構えていれば、案外すぐに彼からのLINEがくるかもしれませんよ。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ