「無観客」東京五輪“裏”ガイド<女子アナすり寄り作戦>(1)NHK・杉浦友紀の色香インタビューに期待

アサ芸プラス


 女子アナにとって五輪中継は、一世一代の大舞台。厳しい競争を勝ち抜いた各局のエースアナは、いったいどんな秘密レポートを届けてくれるのか。視聴者獲得バトルの展望を占う。

地上波や衛星放送で計約1370時間にも及ぶ五輪中継を予定しているNHKは、開会式に和久田麻由子アナ(32)、閉会式に桑子真帆アナ(34)をキャスターに配置する必勝体制だ。NHK関係者が解説する。

「2人のアピール合戦は熾烈を極めるでしょう。年末の『紅白歌合戦』の総合司会の座を巡って、後輩の林田理沙アナ(31)が一歩リードしていると局内で目されています。追う立場の2人は挽回が必須。開・閉会式はもちろん、中継番組キャスターとしても、バスト強調衣装やナマ足露出のセクシー乱戦を仕掛けてくるはずです」

二大看板アナの競艶に期待が膨らむばかりだが、女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏は「特に桑子アナの名誉挽回に注目です」と指摘し、こう続ける。

「18年の平昌五輪では、開会式を閉会式と言い間違える失態を犯して、挙句の果てには失踪疑惑までささやかれました。今回こそは、ミスなく持ち前の肉食系インタビューで、選手たちにグイグイ食い込んでほしいものです」

そして五輪中継を成功させた暁には、待望のエピローグが計画されているようで、

「熱愛中の小澤征悦(47)とのゴールインです。実は、小澤本人が『あとは家族に報告するだけ』と周囲に語るほど結婚目前まできている。閉会式の仕事ぶりは『小澤家』への格好のアピールになりそうですよ」(NHK関係者)

負けず劣らずアラフォーの色気ムンムンで共闘するのは、14年のソチ冬季五輪から4大会連続の中継キャスターに選出された杉浦友紀アナ(38)。その名を聞いて思い起こされるのは、16年のリオ五輪での競泳・萩野公介を相手にサク裂させた「接吻ハプニング」だ。

「金メダル獲得直後のインタビューで、疲労困憊の萩野から『水を飲まないと答えられない』と言われ、飲みかけのペットボトルを渡した一件ですね。萩野がその水を飲んだことで、間接キスになったわけですが、杉浦アナ本人もまんざらでもなかったのか、当時の感想を周囲のスタッフに聞かれるたびに『かなりドキドキした。いつか萩野選手に“お返し”したい』と、意味深なことを語っているそうです。放送コードスレスレのH中継をおっぱじめるつもりかもしれませんよ」(NHK関係者)

競技が終わってからがお楽しみ。チャンネルを変えずに待機せよ。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ