サンド富澤、東京五輪の生放送で強烈発言 ネット衝撃で「さすが」の声も

しらべぇ




サンドウィッチマンの富澤たけしが、23日放送の『東京2020オリンピック開会式直前スペシャル』(NHK)に出演。持ち前の切れ味のあるボケでぶっこむ一幕があった。

■五輪の“ゴタゴタ”をイジる


番組冒頭、過去のオリンピックの豪華な開会式のVTRが放送された。その流れで今回の東京オリンピック開会式に対する期待を聞かれた富澤は、「今回は直前までゴタゴタしてたんで、ここまでは無理かな」とぽつりとつぶやきスタジオに笑い声が。

相方の伊達みきおから「ゴタゴタの話はやめて」とツッコミを入れられると、「まあでも裏切って盛大なことをやってほしいなって思います」と期待を弾ませた。

■「炎上の炎を…」と強烈発言


また、聖火台への点火シーン演出について話す場面ではかなり切り込んだボケも。「やっぱり僕の中でひとつプランがあって…。やっぱり、色々あって辞任、解任した人が集まって勢揃いするんですよ。それで『どうなってるんだ!?』と、その炎上の炎がこう(聖火台に)行くんじゃないかと…」とネットの“炎上”とかけたボケを繰り出す。

伊達が「やめろやめろ、違う炎だろそれは!」とツッコミを入れるとスタジオからは笑い声があがっていたが、櫻井翔、相葉雅紀、指原莉乃ら出演者は反応に困ったような笑みを浮かべていた。

■「本当のブラックジョーク」と反響


NHKの生放送で放った富澤のぶっこみに、視聴者からは「NHKでこれブチ込むのはさすがすぎる(笑)」「今大会の最大の皮肉すぎて笑うしかない」「これが本当のブラックジョーク」「やはり置いてきぼりの東北復興への皮肉もあるんかな」と相次ぐ反響が。

ツイッターでは「炎上の炎」のワードがトレンド入りし、一部では「よくぞ言ってくれた」と富澤の発言を称賛する声もみられている。

■7割以上が「サンドウィッチマンが好き」


しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,755名に「サンドウィッチマンの好感度」について調査したところ、「大好き」が29.7%、「まあまあ好き」が45.7%で、好感を抱いている人は75.4%とかなり高い割合に。



強烈なジョークにもかかわらず、「好感度が上がった」「ますます好きになった」との声まであがるのはサンドウィッチマンならではだろう。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ