「私はこんなに努力しているのに……」何故かモテる残念女子の特徴3選

カナウ


「私はこんなに努力しているのに……」何故かモテる残念女子の特徴3選

ダメンズにはまってしまう女性がいるように、同性からするとどこか残念に見えてしまう女性が男性からモテることがあります。

そこがまた魅力的とのことですが、なかなか理解するのが難しいと感じる人もいることでしょう。

なぜかモテると感じている残念女子の特徴を女性に伺い、モテる理由・男性心理について男性たちに伺いました。

目次

1:愛嬌勝負で失敗をカバー


女性
「うちの会社に仕事は全くできず、女性社員には嫌われているのに男性社員にめちゃくちゃ可愛がられている女性社員がいるんです。同じことをミスを何度もするし遅刻もするし。
ミスを叱られると叱った人に対して『ありがとうございます。次は頑張ります!』って笑顔たっぷりにいうもんだから、男性社員はそれ以上言えない感じに。
叱る頻度が高い人を虜にして、付き合ったりとかしちゃってますよ」(28歳/女性)
男性
「健気というか。ひたむきで前向きな様子を見ていると、手伝ってあげたくすらあります。一言で言えば愛嬌にやられてるんでしょう」(30歳/男性)

2:主張がなさそうで隙がある


女性
「一見地味で個性がなさそう、主張のなさそうな女性のほうが、意外にお見合いパーティでは人気を集めていたりするのよね。
同じ女性から見ると残念でも、一部の男性にはやたらウケててびっくりすることがあります。恋愛経験が少なくて自信のないタイプ、逆に女性を従えたいオレ様系の人にはちょうどいいんでしょうね。
総じて、ちょっと隙がある子が多いんじゃないかしら」(41歳/女性)
男性
「このタイプ、『結婚生活を送ったら安定しそう』『不倫とは無縁そう』って、恋愛対象より結婚対象として人気だと思います」(35歳/男性)

3:一生懸命なのに失敗ばかり


女性
「残念女子はもともとモテる素質があると思います。
昔から『馬鹿な子ほど可愛い』と言われますが、人は真面目だけど不器用な生き方をしている人にかまいたくなるんですよね。
手が掛かるほど愛着も深くなります。
性別やジェンダーに関係なく『なぜか気になる』『放っておくことができない』『見ているだけで冷や冷やする』という心理になると深い愛着が出てきちゃうんですよね」(27歳/女性)
男性
「人に頼る前提、それに甘んじているみたいな人は、よほど世話焼きな男性でないと恋愛対象になりにくいかも。
モテる人は、『本人は一生懸命生きている』という前提があるように思えます。
残念女子だけれど、いつも一生懸命に頑張っていることが周囲にもわかるからこそモテるのかもしれません」(29歳/男性)

まとめ


「残念女子」と言われてしまう人の中でもモテるかどうかは、男性が思わず守ってあげたいと思うかどうかがポイントになりそう。
「残念女子だから仕方ない」という姿勢ではなく、「残念女子でも自分のできるところまで頑張ってみよう」と甘んじない姿勢でいる人に、手を貸したくなるのでしょう。
そうした中で、気持ちを募らせて恋愛感情に発展していくのかもしれませんね。
(神崎なつめ/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ