警察官の待ち伏せ交通違反で注意すべき場所は?

ラジオライフ.com


交通違反の取り締まりで、「やられた~」と思うのが待ち伏せしているパトカーや白バイに追いかけられて青キップを切られるパターンでしょう。赤キップの違反と比べてドライバーへのダメージが少ないものの、じつは取り締まり件数では圧倒的に待ち伏せパターンの方が多くなります。実際、どのような交通違反の取り締まりが多いのでしょう。

警察官の待ち伏せ交通違反で注意すべき場所は?

交通違反で一番多いのは一時停止違反


警察庁では毎年、交通違反の取り締まり件数に関する統計を発表しています。統計のなかでは、全体の違反件数のほかに交通違反をいくつかのジャンル別に分け、それぞれの件数についても公開するため、これを見ると警察がどういった違反を重点的に取り締まっているかが分かるのです。

交通違反の取り締まりとしては、違反の点数が最大12点となる「スピード違反」が注目されがち。しかし、2020年の取り締まり件数としては全体の2番目にあたる116万2420件にとどまります。じつは、一番取り締まり件数が多いのは、交差点で待ち伏せして取り締まることが多い「一時不停止」の160万4972件なのです。

この一時不停止には最近、警察が力を入れている横断歩道に歩行者がいた場合の一時停止違反は入らず、こちらは統計上29万532件ある「歩行者妨害」へ含まれます。歩行者妨害の取り締まり件数は、2019年の22万9395件から6万件ほど増えた26.7%増です。警察が取り締まりを強化していることを裏付けています。

警察が待ち伏せする赤点滅の交通違反


警察官が待ち伏せて取り締まる違反としては、かつて「携帯電話等使用」がドル箱といえる存在でした。しかし、罰則の強化などもあり携帯電話等使用の取り締まりは激減中。2019年の取り締まり件数が71万6820件だったところが、2020年は30万9058件と56.9%も減少しています。

また、都心の複雑な交差点では直前の進路変更禁止を守らず、待ち構えていた白バイに追いかけられるという取り締まりが多発。こちらは、追い越し違反などとまとめ「追越し・通行区分」としてカウントされ、2020年の取り締まり件数は21万240件です。

そのほかに取り締まり件数の多い違反が「信号無視」で、63万5485件にのぼります。信号無視の場合、すべてが待ち伏せによる取り締まりではありませんが、赤点滅になる信号では待ち伏せに要注意。赤点滅の信号では一時停止が必要で、これを守らないと信号無視として取り締まられてしまうからです。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ