チュートリアル徳井、千原ジュニアから騒動をツッコまれる

テレビドガッチ

千原ジュニアがMCを務めるお笑い番組“即興力No.1決定戦!”『千原ジュニアの座王』(カンテレ、毎週金曜25:05~)が、7月23日に放送。審査委員長を務める初登場の徳井義実(チュートリアル)からコメントが到着した。

同番組は、漫才やコント、ピン芸、歌ネタなど作り込んだネタではなく、即興ネタを競い合う、いわば“笑いの総合格闘技”。今回は、西田幸治(笑い飯)、馬場園梓、ザブングル加藤(加藤歩)、ちゅうえい(流れ星☆)、西森洋一(モンスターエンジン)、ウーイェイよしたか(スマイル)、山名文和(アキナ)、堂前透(ロングコートダディ)、コウテイ(下田真生、九条ジョー)の10人が集結し“座王”を決定する。

冒頭、ジュニアは「いろいろ審査されてここに来られたわけですが……」とアノ騒動について徳井にツッコミ。収録後、徳井は「こんなにお笑い純度の高い番組がなかなか最近ないので、すごくおもしろかったのと、やっぱりみんなすごいなと思いました」と感想を述べ、「もっとすごく楽しいだけの感じかと思ったら、やっぱりちゃんと合間合間ヒリヒリする楽しいだけではない緊張感もあって。勝手に自分で追い込まれたなとか、どうしようと思ってるやろなとか、芸人の感情が手に取るように分かる、なかなかの現場でしたね」と芸人同士の真剣勝負を振り返った。

また印象に残ったプレイヤーについては、審査に難癖をつけてきたザブングル加藤をあげ、「なんでしょうね、あの人。自分で自分に火をつけて火だるまになって向かってきて、お前どうすんねん!? って(逆ギレしてくる)。あれはほんまにさんまさんが悪いですね。責任取っていただかないと」と『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)でさまざまな芸人にかみついてはキレまくる“魔王”こと加藤を作り上げた明石家さんまの責任を追及した。

さらに自身の審査については「普通に札あげてただけで、1個ほんまに大失敗を犯してしまって……。芸人ってあまり恥ずかしいことってないんですけど、あの種類のミスだけは一番恥ずかしいんです。ホントに芸歴20年も超え、46歳にもなって非常に恥ずかしいです」と収録中の札を上げ間違えた審査ミスについて、穴があったら入りそうなほど恥ずかしそうに答えた。

ちなみにプレイヤーとしての参加については「いや~。ないですね。ズタボロになります。帰りの新幹線でヘコむだけ。西田とか僕より年上ですから、すごい鉄人ですよね。“鬼”と呼ばれるだけのことはあります。帰りの新幹線のこと考えたら審査委員長のほうがいいですね」とあくまで審査員長として参加したい意思をアピールした。

最後に番組の見どころを聞くと、「コンビを解散した(馬場園とザブングル加藤)2人がおって、僕がいて、なんかひともん着あった人が3人いるのと、今回はザブングル加藤ですね。刀を持った加藤。ここが見どころじゃないですかね。あいつには二度と刀を持たせてはいけないという芸能界のお達しとして各局共有してほしいですね。“加藤に刀を持たすな! 現場が荒れる!”」と改めて刀を持って座王を荒らしまくった“魔王”を挙げた。

なお前回の放送には、西田をはじめ、優勝回数11回のR藤本、半年以上座王から遠ざかっている西森、再ブレーク中のもう中学生と前回たった1勝で座王に輝いたセルライトスパ・大須賀健剛、ウエストランドとからし蓮根。そして新春スペシャル以来の登場となる野性爆弾・ロッシーが出演。審査委員長はほんこんが務めた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ