【N.Flying】デビュー6周年、“忘れられない”日本での思い出は?【インタビュー】

ウレぴあ総研

N.Flying
6月30日に日本ニューシングル『Amnesia』をリリースした韓国出身の5人組バンドN.Flying。韓国でもデビュー6周年にして初のフルアルバム『Man on the Moon』をリリースした彼らに直撃! ここでは、約1時間半のロングインタビューから本誌に載せきれなかった番外編をお届け。『韓流ぴあ』8月号(7月20日発売)と合わせてお楽しみください♪

——6月7日に韓国で1stフルアルバム『Man on the Moon』をリリース。リード曲『Moonshot』のミュージックビデオの裏話は?

ジェヒョン:白い大きなスクリーンに強く照明を当てると影が大きく出るじゃないですか? それを使って、撮影の合間は影絵をして遊んで過ごしました(笑)。

スンヒョプ
——影絵は誰が一番上手でした?

スンヒョプ:ジェヒョンが一人でやっていました(笑)。

(ドンソン、そっとジェヒョンを指す)

ジェヒョン:ドンソンも一緒にやったじゃん~!

チャ・フン:ライブの時とか、モニタースピーカーに足を乗せて演奏するとカッコよく見えるし、メンバーみんなが好んでよくするんです。MVのセッションシーンでも目の前にちょうどよさそうなボックスがあったので、“あれに足をかけて演奏したらカッコよくなりそうだ!”と思って足を乗せてみたら思ったよりすごく高くて(笑)。諦めたという裏話があります(笑)。

フェスン:今回の撮影現場では、7年目に突入したということもあり、以前より場慣れしたなと感じました。それだけ年を取りましたが、現場の活気はむしろ前よりもアップしていると思います。撮影に慣れたことで、長時間の撮影にも疲れにくくなったようです。そういった点で成長したなと個人的に感じました。

チャ・フン
——『Man on the Moon』は全曲の作詞作曲にメンバーが参加。スンヒョプさんは『Amnesia』も手掛けていますが、曲作りで大切にしていることは?

ドンソン:ビートです! リズム感とグルーヴを一番大切にしています。たぶんこれは僕がベースを弾いているからだと思います。

――どんなビートが好きですか?

ジェヒョン:(こそこそ声でドンソンに向かって)ジェヒョン兄さんのビート! ジェヒョン兄さんのドラムのビート!

ドンソン:あはは(笑)。個人的にはミディアムテンポが好きです。あまり速過ぎると演奏が難しくなるし、ジェヒョンさんも忙しくなってしまうので(笑)。

スンヒョプ:僕は歌詞が一番大切だと思います。僕たちの物語や伝えたいメッセージを曲として残してこそ、何年か経って聴き直した時に、あの時はこんなことを思っていたなと思い出すことができるから。メッセージを伝えることができる歌詞は、特に大切な部分だと思っています。日本語の歌は、まず韓国語でガイドを作って、どんな思いを込めたのか、何を伝えたいのかを日本の作詞家さんやFNC JAPANの方たちに説明をします。そして、相談をしながら僕たちの思いが伝わるように自然な表現に翻訳してもらっていますね。

——日本ニューシングル『Amnesia』は“記憶喪失”という意味ですが、皆さんにとって“忘れられない”日本での思い出は?

スンヒョプ:日本で留学生活をしていた時に過ごした宿舎……(ぽつり)。

チャ・フン:(懐かしそうな表情で)あ~~~!

ジェヒョン
スンヒョプ:宿舎の前を通っていた電車や、その道の風景を未だに忘れることができません。そこから僕たちは始まりました。楽器を背負ってライブ会場に出勤していた日々が僕にとってはとても大切な記憶として残っています。

フェスン:僕はN.Flyingに加入した年のファミリーコンサート。N.Flyingとしてステージに立ってメンバーと息を合わせた瞬間は今でも特別な思い出です。

ジェヒョン:(日本語で)僕はすき家! なぜなら、僕たちが(インディーズ時代に)日本で留学生活をした時、初めて外食したお店がすき家だったんです。そうだよね?

スンヒョプ:そうだったね。

ジェヒョン:(日本語で)宿舎の最寄駅にあるすき家で初めてキムチ牛丼を頼んだよね(笑)。食べて「おっ、うまい!」って本当にびっくりしました。思い出ですよね~、これも!

スンヒョプ&フン:美味しかったよね~。

フェスン
――ドラマ『君と世界が終わる日に』の撮影中も食べましたか?

ジェヒョン;もう毎日のように食べましたよ。今日はすき家、明日は吉野家~♪って(笑)。

(全員、大笑い)

チャ・フン:僕は初めての日本ツアーの最終日が記憶に残っています。所属事務所の代表が僕たちのステージを見に来てくれました。公演後に楽屋で「N.Flyingは本物のバンドになったね」と褒めてくださったことがすっごくうれしくて。その時フェスンは泣いてたよね(笑)。(フェスン、照れ笑い)一人前のバンドとして認められた感じがして今も心に残っています。

ジェヒョン:(日本語で)もう一個あります! 僕が初めて日本に行った時に、宿舎の近くでハチに遭遇しました。すごく怖かったんですけど、当時は日本語が分からないから「ボル! ボル! ボル!」(韓国語でハチという意味)ってひたすら叫びました(笑)。それで、ひたすら逃げました(笑)。

チャ・フン:楽器持ったまま走ったよね(笑)。

ドンソン
ドンソン:僕は原宿駅から表参道の会社までの道ですね。日本で時間に余裕がある時は、日本の事務所に行って練習をするんです。その時に原宿から表参道まで散歩しながらずっと歩いていくんですけど、その道がすっごくきれいでした! 空気も何だか特別で、日本にいるな~と感じました。

日本語を交えながら和気あいあいと語ってくれたN.Flying。本誌では、最近起こった変化や初めて会った時の第一印象について語ってもらいました。ソロカットの横にはそれぞれがメンバーに送った感謝の言葉が添えられているので、そちらもお見逃しなく。

ちなみに、スンヒョプさんはメンバーの言葉を聞きながら照れくさそうに自分の膝をぽこぽこと叩き、グループで唯一の同い年コンビであるチャ・フンさんとジェヒョンさんは何とも言えない空気に包まれ、その様子をフェスンさんとドンソンさんが「一番面白いコンビ!」ときゃっきゃしながら見守って(?)いました。

そんなN.Flyingの姿を思い浮かべながら、7月20日発売『韓流ぴあ』8月号のインタビューもお楽しみください! 本誌では、撮りおろしグラビアもたっぷり掲載しています‼

▼N.Flying

’15年に韓国デビュー。翌年、日本メジャーデビュー。’17年よりツインボーカルバンドとして活動。’19年に韓国で発売した『Rooftop』がヒットを記録。’20年にドンソン(Ba)が加入。デビュー6年にして、6月7日に初フルアルバム『Man on the Moon』を韓国でリリース、同月30日には日本ニューシングル『Amnesia』を発売した。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ