近藤春菜、“角野卓造じゃねぇよ”のきっかけを作った芸人を明かす「その当時…」

E-TALENTBANK


7月20日、日本テレビ系『幸せ!ボンビーガール』にハリセンボン・近藤春菜が出演した。

【関連】ハリセン春菜「好きになっちゃいそう…」“めちゃくちゃ痺れた”先輩芸人とは?

番組中、チョコレートプラネット・松尾駿が芸人と共同生活をしている時にIKKOのモノマネが生まれたと話した流れで、他の出演者から「春菜の『角野卓造じゃねぇよ』は生まれたのは?」と聞かれる場面がった。

これに近藤は、「たぶん2年目ぐらいの時で」「同期の芸人で集まってお互い誰に似てるか言い合おうよっていったときに『渡る世間のラーメン屋さんのお父さん、角野さんに似てない?』って言われて」と振り返りった。

そして、「ロンハーで自己紹介する時に『角野卓造さんに似てる』って言われますみたいに言ったら、そこから淳さんが私に何か振る時に『角野さんどう?』って振ってくれてたんです」と、テレビ朝日系『ロンドンハーツ』でロンドンブーツ1号2号の田村淳からの“振り”がきっかけだったと明かし、「でもその当時オウム返ししかできないんで、『角野卓造じゃねぇよ』って言ったのが始まり」と話していた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ