林遣都、獣医学部の学生役に「監督の言葉に、作品に臨む覚悟ができた」

女子SPA!

 キーパーソンを演じた前クール放送のドラマ『ドラゴン桜』の第2シーズンも好評だった林遣都さん。どの作品でもその役として、その場で息づいてみせる林さんの最新主演映画『犬部!』が公開になりました。

『護られなかった者たちへ』『恋する寄生虫』と話題作への出演が途切れぬ林さんですが、『犬部!』では、獣医学部の学生たちが実際に立ち上げた動物愛護サークルの活動をもとに、自他ともに認める大の犬好きの主人公・花井颯太を演じています。

そんな林さんへのインタビューを前後編で送ります。前編では、犬たちとの撮影エピソードを聞きました。

◆「犬部」の存在を知って思ったこと

――動物愛護活動がいまほど活発でなかった時代に、「犬部」を立ち上げた学生たちの存在を知ってどう思いましたか?

林遣都さん(以下、林)「学生の時に、時間もお金も、動物たちだけに捧げるというのはなかなか大変なことだと思います。それを多くのことを犠牲にして、1匹でも多くの命を救いたいという思いだけで、様々なしがらみをかきわけて闘い、行動に移し続ける学生たちの姿はとても頼もしくて、かっこいいと思いましたし、色々なところに影響を与えてきたのだろうと感じました。そういった題材に携われることを嬉しく思いました」

◆監督の言葉に、作品に臨む覚悟ができた

――篠原哲雄監督からは、演じるにあたって、最初に「それなりの覚悟を持って臨んでほしい」と言われたと聞きました。

林「はい。その言葉でエンジンがかかりました。監督に初めてお会いした際に、『少し本読みしませんか?』と言われて、一緒に颯太のセリフを合わせたんです。そこで厳しいお言葉をいただきました。『ここまでの思いを持って、動物と向き合って行動している人たちの覚悟というのは、相当なものだと思うんですよね』と。

監督のお話を聞きながら、すごい覚悟を持って生きている役ですし、現場に立つまでに迷いがないように、しっかり作っていかなければという僕の覚悟もできました。監督には撮影前から撮影中、終わるまで、ずっと一緒に作品と役に向き合い続けていただきました」

◆颯太の相棒・花子役のちえは、とても大きな存在だった

――颯太の相棒である花子役のちえちゃんとの現場はいかがでしたか?

林「ちえは僕たちが頼り切ってしまうくらい、いろんなことができるワンちゃんなんです。撮影現場での経験も豊富で、ちえにとってすごく負担になっているだろうことも、こちらが気づけないくらい、毎日僕たちと変わらずにカメラの前に立ってくれる。だから一見元気そうに見えるのだけど、本当はすごい負担だったと思いますし、飼い主さんと離れたときに、一瞬そうした部分が垣間見られたときもありました。

でも今日のような取材もそうですが、当たり前のように僕の隣に座って、カメラの前に立ってくれる。こうしたことも、ちえじゃないとできないだろうなと思うと、ちえが今回の映画に与えてくれた力は本当にすごくて。僕にとっても大きな存在でした」

◆どうやって撮影するんだろうと思っていたシーン

――大学の研究室から逃げたニコを、教授たちが連れ戻しに来た場面。颯太が抱きかかえているとき、連れ戻されまいと怯えているニコが、颯太に体を預けていますよね。

林「そう見えていたなら嬉しいです」

――すごいなと思ったんです。本当にニコが林さんに体を預けていて。ぜひ伺いたくて。

林「ああ、良かったです。ニコのシーンは、最初に脚本を読んだときに、どうやって撮影するんだろうと一番思った箇所でした。ニコはミックというワンちゃんがやってくれたのですが、実際に保護された犬で、ニコに近い境遇を持った、まだまだ赤ちゃんと言えるような子どもでした。人に対する警戒心も強くて、僕が現れたらすぐに逃げて、隠れて出てこなくなっちゃうくらいだったんです」

◆保護犬ミックには完全に心を持っていかれた

――そうだったんですか!?

林「だから、出会いの場面はそのままで大丈夫だとしても、そのあと、僕らに心を許したり、僕に身を預けるというところまではできるだろうか。『それはできないよ』と正直、思いました。でも動物監修のZOOプロさんが、『本当にいい子なので、時間をかければ大丈夫です』とおっしゃって。颯太もニコのことを『本当にいい子なので』と言っていましたが、ZOOプロさんも『とてもいい子なので、そう思って接してあげてください』と。すごく助けてくださいました。

短い時間で、全然足りていなかったとは思うのですが、もしかしたら僕のことを認識してくれたのかなというところまではいくことができました。引っ張られて、行きたくないと抵抗するシーンに関しては、いろんな試行錯誤のうえに撮影していて、それこそ僕以外の方は近づかないようにしてくださいと話し合いもしました。そのうえで、あのときのミックの様子には、僕も完全に心持っていかれまして。これは母性だなと感じましたね」

◆犬は言葉が分かるし、人間の気持ちを感じ取れる

――では林さんもあのシーンで、身を預けられたことをはっきり感じていたんですね。

林「はい。その瞬間、たまらなく嬉しかったですし、『ああ、やっぱりちゃんと心を通わせないといけないな』と思いました。犬は言葉が分かるし、人間の気持ちをしっかり感じ取れると思います。改めて、時間をかけることは大事だなと感じました」

続く後編では、颯太のモデルとなった獣医師・太田快作先生がカメオ出演しているシーンの撮影秘話や、キャスト陣の結束などを聞きました。

(C) 2021「犬部!」製作委員会

<撮影・文/望月ふみ>

【望月ふみ】

70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆。現在はインタビューを中心に活動中。@mochi_fumi

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ