誰もが一回はやった事あるよね!【擽る】この漢字なんて読むか分かる?

恋愛jp


あなたは「擽る」という漢字、なんて読むかわかりますか?
「手」へんに「楽しい」に似ている……少しワクワクする漢字ですよね。

あなたが抱いたその印象、あながち間違ってはいませんよ。

(1)ヒント1「やる方はワクワクするよね」


冒頭でお伝えした通り、やる側ってワクワクするんですよね。
楽しいからついつい相手が「お願い止めて!」と懇願するまでやってしまう。

中には、ゲラゲラ泣き笑いしてしまう人もいるのではないでしょうか。
この漢字「てへん」なだけあって、手を使ってワクワクすることをするのです。
(『広辞苑』より)

(2)ヒント2「やられる方は逃げたくなるよ」


2つめのヒントで、やられた相手の反応について解説します。
「擽る」をされた相手は、笑いがおさまらなくて辛くなって逃げたくなるのです。

「擽る」をする相手は、悪ふざけでからかいたい気持ちからしています。
あなたもきっとされた経験があるでしょう。

そして「擽る」をされたときは必死に逃げようとしているはずです。
(『広辞苑』より)

(3)ヒント3「擽る」の意味


3つめのヒントとして、「擽る」の意味をお伝えします。
「擽る」の意味は、腋の下などを刺激して、こそばゆい感覚を起こさせ笑わせることです。

滑稽はまねをして笑わせようとするという意味もあります。
これはわかりやすいヒントだったかもしれませんね。

では、「擽る」の読み方の正解を発表したいと思います!
(『広辞苑』より)

(4)「擽る」の読み方は?


「擽る」の読み方は「くすぐる」です。
上記3つのヒントから、「擽る」の読み方を知ると妙な納得感を覚えるのでは?

こそばゆいを「くすぐったい」と表現することがありますよね。
「くすぐったい」を漢字にすると「擽ったい」となるのです。
(『広辞苑』より)

誰もが一度はやったことがあり、やられたことがあるであろう「擽る」という行為。
ワクワクして楽しい印象を連想すると、読めるだけでなく書けるようになりそうです。

「樂」が少し特徴的な形なので、書く際には間違わないように注意しましょう。

(恋愛jp編集部)

当記事は恋愛jpの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ