ジェームズ・ワン監督最新ホラー、R18+『マリグナント』11月公開 US版ポスター&予告解禁

クランクイン!

 『死霊館』『ソウ』シリーズなどを手掛けたジャームズ・ワンが原案・製作・監督を務めるホラー映画『MALIGNANT(原題)』が、邦題を『マリグナント 狂暴な悪夢』として11月12日より公開されることが決定。US版の予告映像とポスターが解禁された。

『死霊館』ユニバースの生みの親で、『ソウ』や『インシディアス』シリーズなど数々の傑作ホラーを手掛けてきた一方、シリーズ史上最高興行収入を記録した『ワイルド・スピード SKY MISSION』や日本でも大ヒットしたDC映画『アクアマン』の監督も務めるなど、いまやハリウッドに欠かせないフィルムメーカーの地位を築いているジェームズ・ワン。本作は、そんなワンが新たに世に放つ完全オリジナルストーリーの最新作だ。

US版予告映像は、アナベル・ウォーリス(『アナベル 死霊人形の誕生』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)演じるヒロインのマディソンが、謎の殺人鬼が次々に人を襲う悪夢に悩まされるシーンから始まる。彼女が悪夢で見た殺人は実際に起こっており、殺人鬼は漆黒の姿で現れ素早い動きと超人的な能力で殺人を繰り返し、犠牲者は増え続けていく。

「はっきり見えるの、殺人の瞬間が。自分も現場にいるみたいに」「ガブリエルと名乗ってた。過去の知り合いかも」。殺人が起きるたびに、マディソンは悪夢で凄惨な殺人現場をリアルに疑似体験しながら、少しずつ自身の隠された過去に導かれていくことに。そして、ついにその邪悪な手はマディソンの元へ。ラストで「狙いは私よ。その理由がわかった」と語るマディソン。果たして、彼女が見る悪夢の謎とは。

US版ポスターは、作品タイトルの「MALIGNANT」の「I」の下部が長く伸びて、横たわるマディソンの目に今にも刺さりそうになっている様子を描いた不穏な雰囲気あふれるビジュアルとなっている。

ワンは本作が完成した際に自身のSNSで「この映画をどう表現したら良いか分からないけど、とても興奮している! 僕が手掛けた今までの作品とは一線を画すような、さまざまなジャンルをミックスしたオリジナル映画を作りたかったんだ。でも自分が観て育ったようなホラーの精神はちゃんと作品に生きているよ!」と作品をアピール。彼の原点に戻りながらも、これまでにないホラー映画に仕上がっていることを予感させる。アイコニックなキャラクター描写に定評があるワン監督が、今回どのようなキャラクターを産み出したのか要注目だ。なお本作は、劇中のバイオレンス描写によりR18+作品に指定されている。

映画『マリグナント 狂暴な悪夢』は11月12日より公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ