海×温泉で大満足!静岡県伊東市の海水浴場が7月22日オープン

IGNITE


アジアのビーチリゾートには行けないこの夏は、日本のビーチの魅力を再確認したい。



■伊東市のビーチは夏本番

梅雨明けとともに気温も上昇、快晴の日が続き、この4連休はいよいよ夏も本番となる。

静岡県伊東市では、7月22日から8月25日まで、市内3箇所の海水浴場と川奈いるか浜公園に監視所を設置する。

どの海水浴場もそれぞれ違った特徴があり、海を存分に楽しむことができそうだ。また、海の後に温泉という楽しみが控えているのは、伊東市ならでは。

「伊東オレンジビーチ」(静岡県伊東市湯川~松原)

伊東温泉街が目の前に広がり世代を問わず楽しめるウォーターパークが設置されている。JR伊東駅からは、徒歩3分という至近距離。

駐車場:なぎさ観光駐車場(市営)24時間営業(最初の1時間200円、30分毎に100円増)

「宇佐美海水浴場」(静岡県伊東市宇佐美)

伊豆半島屈指の1.5km以上続く砂浜のロングビーチがある。JR宇佐美駅からは、徒歩3分の近さ。

駐車場:留田駐車場(公営)8:00~17:00(車1,000円・バイク500円/日)

「川奈海水浴場」(静岡県伊東市川奈)

小さいながらも海の透明度は抜群、シーズン中でも比較的混雑の少ない穴場。伊豆急行線川奈駅から徒歩15分と少し歩くが、JR伊東駅からならバスで20分だ。

駐車場:海女屋駐車場(民営)8:00~16:00(車1,000円・バイク800円/日)

「川奈いるか浜公園」(静岡県伊東市川奈)

波が穏やかで静かなため海が苦手な人でも、安心してビーチで遊べる。伊豆急行線川奈駅から徒歩15分と少し歩くが、JR伊東駅からならバスで20分だ。

駐車場:いるか浜駐車場(区営)6:00~17:00(車1,000円/日、バイク無料)

安心安全にビーチを楽しむためにも、出かける前には体温のチェックは必須。そしてビーチでは「密」になることを避けて、思いきり夏を楽しみたいものだ。

伊豆・伊東観光ガイド:https://itospa.com/

※各駐車場の開始時間が多少前後する可能性あり

(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ