舞台俳優たちが東京ドームで完全燃焼! 野球×エンターテイメント「ACTORS☆LEAGUE 2021」7/20開幕!!

Rooftop


unnamed.jpg

7月20日(火)、野球×エンターテインメント「ACTORS☆LEAGUE 2021」が東京ドームで開催。コロナ禍であっても、次の世代を担う若い俳優たちが輝ける場所でライブエンターテインメントの楽しさと興奮を、観客の皆さまと分かち合える場を作りたい。そんな想いから、俳優・黒羽麻璃央が企画し、それに賛同した城田優、山崎育三郎、尾上松也、和田琢磨、和田雅成ら、野球をこよなく愛する俳優総勢37名が集結して野球チームを発足させた。

野球の試合やコンサート、演劇イベントなど、これまで多くの観客を熱狂の渦に巻き込んできた東京ドームで、山崎育三郎監督&黒羽麻璃央キャプテン率いる【BLACK WINGS】(以下、BW)と尾上松也監督&和田琢磨キャプテン率いる【DIAMOND BEARS】(以下、DB)によるドリームマッチが実現。観客動員数は15,000人。本イベントは新型コロナウイルス感染症予防および感染拡大防止のため、政府および東京都の新型コロナウイルス感染対策の方針に従い安全衛生対策を行った上で開催。

17時、オープニングムービーが流れたあと、コミッショナーの城田優が2塁ベース後方に設置されたお立ち台でテーマソング「L・A・S・T」を歌唱。「皆さん、元気ですか?今夜盛り上がっていきましょう! それではACTORS☆LEAGUE開幕です!」と高らかに開幕を宣言。そして、DB、BW両チームのメンバー、両チームの監督、ゲスト解説者(荒牧慶彦、佐藤流司)がグラウンドに登場し、個性たっぷりに意気込みを伝えて会場を盛り上げていく。続いて、両チームの監督による国歌斉唱、両チームのキャプテンによる選手宣誓が行われ、城田コミッショナーの「ACTORS☆LEAGUE 2021、プレイボール!」の声と共にいよいよ試合開始。

unnamed-1.jpg

序盤はピッチャーの好投やファインプレーが飛び出し、2回まで両チーム無得点だったが3回裏にBWが1点先制し均衡が破られた。反撃に出ようとする4回表、レフトに猫(のかぶりもの)が乱入するハプニングが発生。捕獲を命じられた高野洸が捕まえてみると、ネコの正体はなんと染谷俊之! 最後まで暴れ回り、爪痕をしっかり残してグラウンドから退場。試合は後半に突入した5回に再び動きが。DBの面の攻撃で2アウトから岩瀬恒輝が2点タイムリーで逆転に成功。結城伽寿也もタイムリーを放ち1点追加(3対1)。

5回裏、今度は“両監督”が動いた。DBの尾上監督が「ピッチャー、俺!」とマウンドに上がると、BWの山崎監督が「代打、ボク!」とバッターボックスへ。大事な局面での監督直接対決はサードゴロに抑えた尾上に軍牌が上がった。マウンド上でガッツポーズを見せた尾上は、ベンチに戻った時もチームメイトたちと小躍りするはしゃぎっぷり。監督対決がその後の流れを決めてしまったか、6回表にDBが3点を追加して6対1とBWを突き放す。20時を超えると次のイニングに進まないというルールに従い、6回が最終回に。それを聞いたBW山崎監督は「助っ人、出てこいよ!」と助っ人カードを使用し、リリーフカーに乗ってspiが現れた。しかし、流れは変わらず3者凡退でゲームセット! DBが見事勝利を収めた。

山崎育三郎・尾上松也・城田優によるプロジェクト「IMY」のオリジナル作品第1弾『あいまい劇場 其の壱「あくと」』の映像などがビジョンに流れた後、閉会式がスタート。

unnamed-2.jpg

まずは城田コミッショナーから各賞の受賞者を発表。守備で魅せた「ファインプレー賞」はDB上田堪大。会場を盛り上げた「ハッスル賞」はDB鳥越裕貴。観た人を幸せにした「ハーゲンダッツ賞」はBW阿部顕嵐。“この夏、観客を甘酸っぱい思い出でほろよいにさせた”という理由で「ほろよい 夏の白いサワー賞」はゲスト解説の荒牧慶彦に贈られた。そして「MVP」は試合を決定づけたタイムリーを放ったDB岩瀬が受賞。トヨタのカローラが贈られると、「免許を持ってないので今から免許合宿に行ってきます! ありがとうございました! 練習でホームランを打ったので本番でも打とうと思ったんですけど、左中間に…、ちょっとね…、ナイスバッティン!」と喜びを爆発させた。各賞の発表を終えた後、城田コミッショナーから勝利チームにトロフィーの授与が行われ、「一人の観客として楽しませていただきました。残念だったのは、コミッショナー部屋に二人しか来てくれなかったので寂しかったです。次があれば全員と楽しく話したいです。野球を通して、エンターテインメントを通して、選手一同が汗を流し、楽しんでいる姿を見て、お客さんに何かポジティブなエネルギーが届けばいいなと思いました。まだまだ世知辛い世の中ですが、希望を胸に明日からも楽しく生きていきましょう」とメッセージを送り、発起人の黒羽も「この東京ドームで夢のような一日を過ごすことができました。ありがとうございました。まだまだ“野球×エンタメ”には無限の可能性があると思いますので、今後とも応援よろしくお願いします」と、「ACTORS☆LEAGUE」が今後も続くことを約束。最後はテーマソング「L・A・S・T」が会場に流れ、白熱したドリームマッチの幕が下ろされた。

この試合の模様は「ABEMA PPV ONLINE LVE」で独占生配信。7月27日(日)23時59分まで見逃し配信で視聴が可能。

unnamed-5.jpg

城田優(コミッショナー) コメント

コミッショナーとしては何の緊張もしておりません。ただ、自分が作詞作曲したテーマソング「L・A・S・T」をオープニングセレモニーでひとりで歌うことに関しては、死ぬほど緊張しております。というのは、“東京ドームで歌を歌う”というのが芸能界に入った頃からの自分の夢でした。その夢が叶う瞬間なので非常にドキドキワクワクしております。僕の歌を通して一人でも前向きになっていただけたらいいなと思います。それが僕のコミッショナーとしての一番の役割ですね(笑)。コロナ禍ですが、お客さんが見ていただく中で開催できるということをありがたく思っています。

尾上松也(【DIAMOND BEARS】監督)コメント

無事開催できてうれしく思っております。実は、東京ドームはプライベートで借りて、何度か野球の試合をしたことがあります。でも、監督として試合するのは初めてなので、監督としての試合の楽しみ方を新たに見つけたいなと思っています。いつもとは違う視点で見られるで、それはそれで楽しみですね。観ていただく方には、みんなが全力で野球を楽しんでいる姿と、開催を企画した(黒羽)麻璃央と制作スタッフの思いを感じ取っていただければうれしいです。育(山崎育三郎)とは何度か草野球をやっていて、これまで負けているので今日は勝ちたいと思います。

山崎育三郎(【BLACK WINGS】監督)コメント

間もなく本番ということで興奮します。コロナ禍ですが、これだけたくさんのお客さんが観に来てくださるということも嬉しいですね。東京ドームでプレイするのは子供の頃からの夢でした。監督なので試合に出られるか分からないんですが、「代打、俺!」ってどこかで出てやろうと思っています(笑)。(尾上)松也とは仲が良いんですけど、勝負事なので負けたくないですね。試合もそうですけど、ずっとベンチに向けてカメラが回っていたりしますし、楽曲を披露する場面があったりしますので、野球に詳しくないという方もエンタメとして楽しんでいただけるんじゃないかなって。舞台上とは違う姿をたっぷりと楽しんでください。

和田琢磨(【DIAMOND BEARS】キャプテン)コメント

いよいよということでワクワクしています。キャプテンとしては、勝てるチームを作ったつもりですので、相手チームのキャプテンの(黒羽)麻璃央くんが発起人ではありますが、勝ちにいきたいと思います。僕個人としては、共演しているけどなかなか会えない人たちとも交流できますし、とてもいい場だなって思っています。東京ドームに見に来てくださった方だけでなく、配信で観てくださる方にも楽しんでもらいたいですね。あと、僕の打順は2番なので初回にピッチャーの麻璃央くんと対戦します。ここでキッチリ1本ヒットを打ちたいです(笑)。

黒羽麻璃央(【BLACK WINGS】キャプテン)

大人になってから一番気持ちが高揚しています(笑)。企画プロデュースをさせていただいていますが、最初は地方球場で仲良く楽しく出来たらいいなと思っていました。それが東京ドームで開催できることになって嬉しい驚きというか、野球人生において思い残すことはありません(笑)。苦楽を共にした俳優仲間だったり、尊敬する先輩方と短い時間ではありますけどお祭り騒ぎができる今日のイベントは、まだまだ厳しい状況ですが、これまで自粛してきたことへのちょっとしたご褒美と思っています。配信で観られる方も楽しんでいただけたらうれしいです。

スターティングメンバー
unnamed-3.jpg

【DIAMOND BEARS】

1.和田雅成(ショート)

2.和田琢磨(キャッチー)

3.北園涼(センター)

4.横山真史(ファースト)

5.上田悠介(ピッチャー)

6.上田堪大(サード)

7.鳥越裕貴(ライト)

8.椎名鯛造(セカンド)

9.石橋弘毅(レフト)

【BLACK WINGS】

1.近藤頌利(サード)

2.岡宮来夢(セカンド)

3.笹森裕貴(ショート)

4.有澤樟太郎(キャッチー)

5.八木将康(ファースト)

6.井阪郁巳(センター)

7.阿部顕嵐(ライト)

8.橋本祥平(レフト)

9.黒羽麻璃央(ピッチャー)

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ