がん患者を装い集まった寄付金で3人の子供と超豪華ディズニーランド・パリへ旅行した女(英)

余命1年半のがん患者を装い、同僚や家族を騙し、同僚が集めた寄付金でディズニーランド・パリへの旅行を謳歌した女に対して、このほど懲役15か月の判決が下された。『Hull Daily Mail』などが伝えている。

この卑劣な嘘をついた女は、英ハル在住のステファン・ハンター(Stephanie Hunter、32歳)である。

ハンターは電話セールスの会社に勤めていたが2016年、上司に肺がんのために手術が必要であると告げた。その後、手術の経過が思わしくなく3か月の化学療法が必要になったと申告した。彼女はさらに嘘を重ね、がんが首と右の肺にも転移し、脳に4つの腫瘍ができて治療法がなく、余命が1年半であると告げたという。

2017年1月に会社の給与課に復職のため退院したと伝えたが、がん患者のふりをするために髪を剃り、スカーフを巻いていた。

ハンターのことを気の毒に思った同僚は、13歳、9歳、8歳の3人の子供たちを最後にディズニーランド・パリへ連れていきたいと願う彼女のために募金活動を行い、10,446ポンド(約158万円)もの寄付金を集めた。ハンターにプレゼントされた旅行はユーロスターのファーストクラスで移動し、5つ星ホテルに滞在するという非常に豪華なものであった。

またハンターは夫ジェイミー・ウィルキンソンさん(Jamie Wilkinson)をも騙すため、しばしばがんの治療のために病院へ行くふりをしていたという。自身の葬式を手配するために夫を葬儀会社に連れて行ったほどで、ジェイミーさんは自分の妻が末期がん患者であると思い込んでしまったそうだ。

しかし豪華な旅行から帰ってきた後、ハンターの病状について医学的な証明が取れず、傷病手当が停止された。その後、ハンターの子供のことを心配する声が寄せられ、役所が彼女にコンタクトしたことで一連の嘘がついに明らかになった。

法廷において、ハンターは自身の罪を認めた。

「彼女は大変卑劣な嘘をつき、人々の良心と慈悲の心を悪用した。これによって今後のチャリティーに参加することを拒む人も出てくるかもしれない。また本当のがん患者にも不利益をもたらすことになるだろう。」

裁判官はそのように述べ、ハンターに15か月の服役を命じた。

彼女が最初に嘘をついた動機は、周りから心配されて注目を集めたいという単純なものだった。

ハンターにより人生をめちゃくちゃにされたジェイミーさんは、彼女との離婚を決意した。彼は妻の一連の行為について不名誉で恥ずかしいことだと感じているという。

ハンターは大いに反省し「二度とこんな目にあいたくない」と話しており、被告席から戻った時にはすすり泣いていたそうだ。

画像は『The Sun 2021年7月15日付「SICK PLOT Lying mum, 32, pretended she had cancer and shaved her head to get cash for a trip to Disneyland」(Credit: MEN Media)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 May)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ