自覚がないままに…かまいたち山内が明かす「相席食堂」出演時の“恐怖体験”


かまいたち(山内、濱家)のYouTube公式チャンネル『かまいたちチャンネル』に動画がアップ。山内が“鬼スベり”して場を凍らせた失敗談を赤裸々に告白しました。

「大日本アカン警察」で暴言!


今回の動画では、数々の“鬼スベり”を経験してきたという山内がその失敗談を披露。そこで学んだ教訓を伝授しました。

山内の“最古の鬼スベり記憶”は、baseよしもとでの小道具一発ギャグ。小道具のカチューシャを渡されたものの何も浮かばなかった山内は、小道具を破壊するという驚きの行動に。しかし、案の定会場はシラけてしまったのだそう。

さらに本来は謝罪をすべきところ、後に引けなくなり横柄な態度をとってしまったようで、この経験から「鬼スベりは最初にスベった後が大事」と教訓を明かしました。

出典: かまいたちチャンネル

そしてダウンタウンがMCを務める『爆笑!大日本アカン警察』(フジテレビ系)に出演した際にも、“鬼スベり”を経験。

当時は東京での活動があまりなかった時期で、突如巡ってきたチャンスに「なにか爪痕を残さないといけない!」という強い思いで撮影に臨んだとのこと。ところがその思いが空回りしてしまったようで、ゲストとして登場した佐々木希と全く接点がないのにも関わらず、毒を吐き続けるというまさかの行動に。

その場にいた先輩芸人も暴走する山内をフォローできず、山内は当時の状況を「地獄だった」と回顧します。

出典: かまいたちチャンネル

さらに山内は「引くに引けなくなって突き進んじゃう」と、“鬼スベり”した際の自身の癖を打ち明けました。

「相席食堂」で“恐怖”を経験


そんな山内が異質な“鬼スベり”パターンだったと話すのが、『相席食堂』(ABCテレビ系)での出来事。

実は山内は、自分が“鬼スベり”していたことに気づいていなかったと言います。しかし、千鳥・ノブのいつもとは違う反応に違和感を覚え、さらに同番組のプロデューサーから「ロケが変になってしまって……」と謝罪されたところで、はじめて“鬼スベり”していたことを察知。

出典: かまいたちチャンネル

その後オンエアを見ても自分としては大満足の仕上がりで、千鳥のリアクションにも違和感はないと感じた一方、ネットでは“最悪の回”などと酷評が……。

山内は「鬼スベりは絶対にしないと意識していた」と言うものの、自覚がないまま“鬼スベり”の事態になってしまったことを「(このパターンが)一番怖いです」と振り返りました。

出典: かまいたちチャンネル

これらの経験から「スベったことを早めに認めるのが大事」という教訓を得た山内。最後にファンに向けて「皆さんも鬼スベりしないように気をつけてください」と呼びかけました。

山内の“鬼スベり”エピソードが続々と明らかになった今回の動画。ファンからは「相席食堂のロケからのオンエアまでの話が恐怖すぎるwww」「相席食堂の周りの反応でジワジワ察するくだりホント草」など『相席食堂』の失敗談に驚きの声が。また「山内さんは滑っても、強気でグッと来るところがほんまにおもろいです」「鬼スベったことを糧にしていく逞しさが好きw」と“鬼スベり”した経験を前向きに捉える山内の姿勢にも反響が寄せられました。

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ