『ガンダムマンホール』プロジェクト始動! 第1弾は小田原市に

バンダイナムコグループ「ガンダムプロジェクト」は、全国の自治体と協力し、国内の活性化を図り全国の世代を超えたガンダムファンとの絆を表す取り組みとして、ガンダムデザインのオリジナルマンホールの設置を目指す「ガンダムマンホール」プロジェクトを始動。その第1弾として、8月1日(日)に、小田原市にオリジナルデザインのマンホールを設置する。

「ガンダムマンホール」プロジェクトは、『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するキャラクターやモビルスーツなどがデザインされたマンホール蓋「ガンダムマンホール」を全国のさまざまな場所へ設置する取り組み。地方自治体と協力し、国内の活性化を図るとともに、世代を超えたガンダムファンとガンダムとの絆の証にしていく。

東京都稲城市と埼玉県所沢市での展開を経て、本格的にプロジェクトとして始動する第1弾として、ガンダムの生みの親である富野由悠季(とみの よしゆき)さんの出身地である神奈川県小田原市に、2種類のマンホールを寄贈した。

小田原市へ寄贈されたマンホールは、『機動戦士ガンダム』に登場する人気モビルスーツ「ガンダム」と「シャア専用ズゴック」の2種類。ガンダムデザインのマンホールの背景は小田原城、シャア専用ズゴックデザインのマンホールの背景は小田原漁港にあるちょうちん灯台となっており、どちらのマンホールも他にはない小田原独自のデザインとなっている。

これら2種類のマンホールは、7月17日(土)に寄贈され、「ガンダムマンホール寄贈記念式典」には富野由悠季さんも出席。実物のマンホールが披露された。7月18日(日)から7月31日(土)の間は、小田原市主催による小田原城天守閣での特別展示を実施中だ。


その後、8月1日(日)から市内に設置され、それにあわせ、小田原城誘客プロジェクトの一環である、ガンダムと小田原城をデザインした階段アートのお披露目など、さまざまな企画が実施される予定となっている。

また、第1弾に引き続き、第2弾以降に「ガンダムマンホール」を設置する自治体を募集中だ。

あなたの街にやってくるかも⁉︎ 今後のプロジェクトの展開に乞うご期待!

>>>マンホールデザインや寄贈式の様子を見る(写真11点)

(C)創通・サンライズ

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ