あるある! アラサーでも「我ながら恋愛に不慣れだな」と感じること




アラサー女子といえばもう大人の年齢。恋愛経験だって年齢相応に重ねているはず。とはいえもちろん例外だってあるし、それにアラサーになっても恋愛に不慣れだという人だってたくさんいるでしょう。
今回はそんな、ちょっと人に話すのはためらわれる、「我ながら恋愛に不慣れだな」と感じることをリサーチしてみました!

我ながら恋愛に不慣れだなと感じること

彼から連絡がくるとすぐに返事をしたくなるけど、ぐっとガマンする

「連絡頻度が高い女は男性から敬遠されてしまう」というのはよくある定説。もちろんそれはわかっているから、彼にどれくらいの頻度で連絡するか、アラサー女子は慎重になるのです。
でも彼から連絡がきたらうれしくて、ついすぐ返事をしたくなるのですが、それもグッとガマン、ガマン。がっついている女とは思われたくなくて、返事も少し時間がたってから、あるいは彼をじらそうとすぐに返事をしない、などいろいろ考えてしまいます。

彼と最初のキスをいつ、どのタイミングですればいいか迷う

デートからだんだん距離を縮めて、そして初めてのキス。この恋人らしい行為を彼といつ、どのタイミングですればいいのか、いまだに迷ってしまうなんてこともあります。もう立派な大人なのだし、自分がしたいと思ったときに積極的にリードできてもいいはず。
でもとてもそんなことはできず、彼の気持ちを探りながら……というのはちょっとしたドキドキ感。「キス上手になりたい」と思っても、現実は理想とはほど遠いのです。

気になる彼とデートできたら、すぐ女友達に報告したくなる

合コンやマッチングアプリなど出会いのきっかけはどうであれ、気になる彼とデートできたら、すぐに女友達に報告したくなるもの。10代の頃ならまだしも、アラサーになってもやっぱりこう思ってしまうのも、「私ってぜんぜん成長していないな」と感じる瞬間ではないでしょうか。
恋愛一筋になれた昔と違い、今は仕事もあるしうわついてばかりもいられないと思いつつ、やっぱり友達からの共感がほしくなってしまうのです。

彼と知り合ったばかりの頃に敬語で話すべきか、タメ口でいいか迷う



社会人生活が長くなってくると、自然と敬語で話すことが身についてきます。お仕事シーンではもちろん敬語だけど、恋愛というプライベートなこととなったとき、そのまま敬語でいくべきか、それとも親しみやすさを出すタメ口にするか、とっさに迷ってしまうことも。
相手との関係性、出会いのシチュエーション、年齢にもよりますが、こんなシンプルなことすらとまどってしまう自分がちょっと情けなくなります。

まとめ

年齢を重ね人生経験も豊かになってきたのに、恋愛となるといまだにとまどったり、器用にふるまえない、なんて人もいますよね。正解なんてどこにもないからこそ恋愛っていくつになっても難しいし、でもそのぶん面白いのです。まだまだ恋愛に不慣れな自分のことも、そんなふうに温かく見守ってあげましょう!

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ