滝藤賢一『警視庁ひきこもり係』で主演「よくこんな話を考えたな」


俳優の滝藤賢一が、8月5日に放送されるテレビ朝日系スペシャルドラマ『警視庁ひきこもり係』(20:00~)で主演を務めることが20日、分かった。

『警視庁ひきこもり係』は、その名の通りチーム全員がひきこもり、もしくは、ひきこもり予備軍の「ワケあり」「はぐれ者」ばかりという新しい刑事ドラマ。滝藤が演じるのは、いつからか警察署内の一室に住み込み、部屋から一歩も出ずにひきこもったままの引谷太郎。警察署内でも噂になるが、その素性は誰も知らない。そんな引谷が、働き方改革が進められる中で万年人手不足の各部署をサポートするために作られた「生活安全課総務2係」、通称「ひきこもり係」のキャップに就任。引きこもりらしく、携帯のテレビ電話を活用して完全リモート捜査で事件の真相に迫っていく。

「引きこもり係」の個性豊かなメンバーには、山本舞香演じる元ハッカーで漫画喫茶にこもっている百田桜、戸塚純貴演じる陸上の元代表選手で怪我によって挫折した草壁栄次、富田靖子演じる元科捜研で介護をきっかけに社会から孤立してしまった家藤時子。それぞれに問題を抱える「ワケあり」揃いとなっている。

そんなメンバーを招集したのは、高田純次演じる、現役時代は数々の難事件を解決した元ベテラン刑事の花房等。3年前に定年退職したが、警視監から直々に依頼された花房は「ひきこもり係」1人ひとりを誰よりも理解している存在。この5人がそれぞれの隠れた能力を捜査に活かし、やがて意外なチームワークを見せていくことに。

そのチームワークは撮影現場でも存分に発揮されていた様子。出演者5人のコメントは以下の通り。

■滝藤賢一

よくこんな話を考えたなと思いました。とても上手くできているんですよ。刑事ものなのに「ひきこもり」ですからね。そんなことあります? もしシリーズ化したとしても外には出られないってことですから(笑)。逆に挑戦したくてメラメラ燃えています!

私が演じる引谷は出られない事情があっての「ひきこもり」なので、この状況を楽しんでいます。引谷の引きこもっている警察署内の部屋は植物など引谷の趣味に囲まれていて、とてもポップな上、衣装も洒落ております。植物とファッションが大好物な私は、スケジュールがタイトなのも忘れて、毎日ウキウキしながら撮影に行っていました。

このドラマの見どころは「ひきこもり係」の5人のチームワーク、そしてゲストの方々の圧倒的な存在感だと思います。戸塚くんが演じる草壁や舞香ちゃんが演じる桜がたくましく成長していく姿にはグッときます! 富田さんが演じる時子さんはとてもキュートですし、高田さんが演じる花房さんは言わずもがなサイコーです! 老若男女多くの方に楽しんでいただける作品になっておりますので、是非観ていただけたらうれしいです!

■山本舞香

最初に『警視庁ひきこもり係』って聞いた時、もうタイトルが面白いなって思いました。私が演じる桜は元ハッカーと聞いていて、「これはセリフの量多いんだろうな……」って不安を感じたり、刑事ドラマということでもとても緊張していたりしたんですけど、現場がとても明るくて、楽しい雰囲気だったので安心しました。また、こういう経験をさせていただくのはとても貴重なことですし、自分の経験値としてもやらせていただけたことが、とてもありがたいと思いました。現場ではアドリブもあり、滝藤さんが良いアイデアを出してくださるので、とても楽しかったですし、いい経験になりました。

私にとっては新しい役柄の挑戦でしたし、「ひきこもり係」の掛け合いにも注目していただきたいなと思います。笑えるだけでもなく、真剣なだけでもなく、しっかりと家族愛なども描かれていて、泣けて笑えて楽しい作品になっていると思うので、ぜひ見ていただきたいなと思います。

■戸塚純貴

僕が演じる草壁は引谷さんに振り回されながら、テレビ電話で捜査をするシーンがたくさんあるんですけど、テレビ電話越しでお芝居をするというのがあまりない経験で大変でしたが、すごく新鮮でしたね。どういう風に映っているのか、完成を見るのが楽しみです。撮影期間全体を通して、最後の3日間くらいでやっと全員が集結したのですが、それまでずっと僕はひとりで動いていたので、皆さんにお会いできた時は、ちょっと感動しましたね。寂しかったので(笑)。

全員でのシーンでは、滝藤さんが現場でいろんなことを提示してくださるので、それについて話したり、のっかって演じたり……皆でお芝居を作る、1つの劇団のような感じでした。すごくありがたかったですし、これが「ひきこもり係」なんだなって感じることができました。その現場での楽しい雰囲気だったり、みんなで作り上げていく感じが、本編を通して視聴者の皆さんに伝わればいいなと思いますし、きっと伝わると思っています!

■富田靖子

最初に台本を拝見した時、とても新しい切り口でしたし、「こういう風に捜査するんだ、ひきこもり係は!」って驚きながら、本当に楽しく読んだっていうのが、正直なところです。

私が演じる時子さんは、介護をしながらひきこもりになってしまったのですが、まずちゃんと、なぜ時子さんが引きこもりになったのかっていう理由を自分の中で明確に理解しながら演じることを心掛けました。ただ、だからと言ってそれで、「私はひとりぼっち」という暗いお芝居をするのではなく、それもありつつ、毎日ちゃんとそれなりに、自分の母親の介護をしながら丁寧に日々生きる女性にしたいという思いはありました。

現場では、滝藤さんがカッコイイお父さんのようで、そして実は舞香ちゃんが一番しっかりしていてお母さんのようで! 引谷お父さんと桜お母さんの中で、私はぬくぬくしていた感じです(笑)。皆が伸び伸びと個性を発揮している作品だと思うので、楽しみにしていただければ嬉しいです。

■高田純次

「ひきこもり係」ってあまり聞かない新しいフレーズだから、ちょっと興味をそそられるよね、新鮮な感じもするし。この作品はね、最初に台本を読んだ時、ガツンと印象に残るような気がしたのよ。それをどういう風にやっていこうかなって思いましたね。第1作目をビシっと決めておかなきゃいけないじゃない? この作品に入るからには、とりあえず体作らなきゃいけないと思ってね、早朝から10キロマラソン、その後ちょっとピアノ弾いて、それからストレッチをやろうと思って……たんだけど、できないで終わったね(笑)。

あと共演者に初めての方が多くて、そういう時って楽しいよね。刺激を受けます。我々の年になるとなかなか刺激がないから。撮影現場が遠くて、それも刺激と言えば刺激だったよね。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ