俺の彼女しか勝たん!男性が感動するLINEとは?

愛カツ


LINEが苦手な男性は多いもの。

でも、せっかく付き合っているのだから、ただの業務連絡のツールにしてしまうにはもったいないですよね。

そこで今回は、男性が思わず感動するLINEをご紹介します。

俺の彼女しか勝たん!男性が感動するLINEとは?

■ 小さなことで感謝する

彼がさりげなくやってくれたことや、頑張ってくれたことがあれば、感謝のメッセージを。

「映画の時間調べてくれて助かった~。ありがとう!」など、デートのなかで気づいたことがあれば、具体的に取り上げてお礼のメッセージを送ってみましょう。

彼が忙しい時期にデートしてくれたのであれば、「今日は時間作ってくれてありがとう」と、彼の立場に立ったメッセージが加えられると、より効果的です。

ただし、男性は格好つけていたい生き物でもあるので、あまりにも細かく指摘すると恥ずかしがってしまいます。

内容と頻度にも少し気を配ってあげましょう。

■ 仕事を応援する

忙しくて会えない彼には、応援メッセージを。

会えないことを責めないのはもちろんのこと、「おつかれさま」「今日は寒いけど無理しないでね」といった感じで、返信不要な応援メッセージを送りましょう。

ただし、いくら返信不要といっても、送り過ぎはNG。

LINEが好きな彼なら1日に1通程度、LINEをあまり見ない彼なら2、3日に1通でも十分です。

また、メッセージスタンプだけにしてみるのも◎

彼がプッと吹き出してしまうような面白スタンプなどを活用してみましょう。

■ 彼のことを認めてあげる

「頑張ってね」が励みになることもありますが、自分に余裕が無いと「もう頑張っているよ」「もっと頑張れってこと?」なんて、少し重く感じてしまうことも……。

それよりも、彼がすでに頑張っていることや、これまでに頑張ってくれたことを認めてあげられるようなメッセージを届けてあげましょう。

「○○くんといるだけで元気になるよ」「いつも周りの人のこと、大切にしてくれてありがとう」など、いまの彼でも十分大好きだという想いを伝えられると、彼もうれしいはずです。

■ 「好き」の気持ちを伝える

たとえば、「さっきまで会ってたのに、帰りの電車でもう会いたくなっちゃった。私って○○くんのこと本当に好きなんだね」「美味しそうにご飯食べてるところ見て、本当好きだなって思った」など。

なにげないタイミングのなかで、あなたが彼のことを「改めて好き」と思ったことを取り上げるのもおすすめです。

単に「好き」と伝えるよりも、「改めて愛が深まった」と言われるほうが、キュンとするもの。

ただし、ポイントは「なにげないタイミング」であること。

彼におごってもらったときや、迎えに来てもらったときなど、「彼になにかさせたタイミング」にならないようにすればより効果的なセリフとなるはずです。

■ 彼の癒やしになれるように

すべてに共通するのは、「あなたのことをちゃんと見ているよ」というメッセージであること。

自分のことを理解してくれている人がいて、しかもそのままでいいんだと言ってくれるとしたら……彼にとっての癒やしの存在になることができるでしょう。

いつものLINEにちょっとだけ工夫して、彼の「特別」を手に入れてみませんか?

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ