平岡祐太“野心家イケメン”と中村梅雀“捜査官”のコンビに亀裂が!?『機捜235II』

テレビドガッチ

7月19日(月)20時から、「月曜プレミア8」にて、中村梅雀主演の『今野敏サスペンス 機捜235II』(テレビ東京系)が放送される。

同ドラマは、警察小説の旗手・今野敏による「機捜235」(光文社刊)が原作で、中村演じる定年間近の見当たり捜査官・縞長省一が、平岡祐太演じる野心家イケメン・高丸卓也と年の差“機捜タッグ”を組んで、次々と事件の真相を暴く傑作痛快サスペンス。

<あらすじ>
ゴミ集積場を狙った放火事件が恵比寿で相次ぎ、渋谷中央署の管轄内だけで既に5件発生。さらに新たな放火の通報が警視庁第二機動捜査隊に入り、バディを組む縞長省一(中村)と高丸卓也(平岡)は目黒の現場へ急行する。

通報者は高丸が捜査一課で世話になった元刑事で、今は警備員をしている矢島崇(本田博太郎)だった。矢島は犯人らしき人物も目撃。逃走したと思われる経路をたどると、行き止まりの先に一軒家が。そこで血まみれになった弁護士の刺殺体を発見する。もしや放火犯が……?

その後、捜査は難航を極めるが、ひょんなことから12年前のある殺人事件との繋がりが明らかとなり――。

さらに縞長と高丸の間に亀裂が入る出来事も。果たして2人はチームワークを取り戻し、難事件を解決することはできるのか!?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ