『IT'S 昭和TIME ~音楽と落語で大好きな昭和を振り返る~ 昇太さんとブルースカイさん。SP』公演決定!

Rooftop


unnamed.png

縦横無尽の話芸で現代の落語界を牽引する春風亭昇太。 日本で最も長い歴史を持つジャズ・ビッグバンド“ザ・ブルースカイオーケストラ”を率いるスインギー奥田。 歌手、 俳優、 プロデューサーなどマルチな活動を続ける小泉今日子。 多才な顔を持つ3人が11月2日と3日に、 極上のエンターテインメント・ショウを東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で繰り広げる。 「昭和」をテーマにした春風亭昇太とザ・ブルースカイオーケストラのコラボレーション公演「昇太さんとブルースカイさん」は2011年に第1回公演を開催。

落語と音楽の極上のミックスで多くのファンを楽しませてきた。 従来のプログラムは、 終戦直後から高度成長期にかけての出来事や楽曲にウエイトをおいたつくりとなっていたが、 小泉今日子をゲストに迎えた今回の公演「昇太さんとブルースカイさん。 SP(スペシャル)」は、 3人が少年少女時代を過ごした昭和40~50年代に大きくスポットライトを当てた内容。 有名ビッグバンドが伴奏を務めていた生放送のヒット曲のランキング番組、 日常的に落語家が登場して笑いをふりまいていたバラエティ番組、 いくつものシンデレラ・ストーリーを生んだオーディション番組、 時代を超えて親しまれる歌謡曲などへのリスペクトを込めながら、 その輝きを現代に蘇らせる。

プログラム前半ではジャズ演奏と落語にスポットを当て、 後半では昭和をテーマにした落語「昭和版二階ぞめき」でバンドとの掛け合いを披露。 昭和好きの若旦那が、 会場二階に再現された昭和の街並みの中で大いに暴れ回るという痛快な内容だ。 その他、 誰もが知っているあの歌、 CMソング、 テレビ番組や映画のテーマに混じり、 あっと驚くような曲の数々もきっと登場するはず。 日本で最長の歴史を持つビッグバンド “ザ・ブルースカイオーケストラ”をバックに小泉今日子が何を歌うのか、 ジャズ好きとしても知られる昇太師匠の演奏を聴くことができるのか、 それも当日のお楽しみだ。

コロナ禍での単独行動が当たり前となりコンピューターで作成される音楽が全盛の今、 これほどの大人数が集まって一斉に合奏・合唱する機会は極めて稀といっていい。 どんなテクノロジーも太刀打ちできない、 “人力の輝き”を感じさせるステージになるはずだ。 昭和に生まれ、 平成を駆け抜け、 令和の現在もそれぞれの分野で感性を磨き続ける人気者たちによる、 この日限定の魅力的なトークとパフォーマンス。 観て、 聴いて、 笑って、 大騒ぎの二日間になること間違いなし。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ