まさかの事態!? リモート面接で「これ詰んだな…」と思ったこと【後編】




最近の面接は、直接会うのではなくリモートの場合も多いですよね。交通費も浮くし「リモートって意外といいかも?」と思っている人も多いのではないでしょうか? しかし、リモートならではのトラブルも多いようで……? 前回に引き続き、今回も「リモート面接での失敗エピソード」をご紹介します!

リモート面接で詰んだ瞬間

自分だけ背景が…

「集団面接で、みんなの背景は白い壁だったのに、私だけ生活感溢れていた……。うちはワンルームだし、白い壁だけ映る場所なんてないんだけど! 面接が終わってから必死に模様替えしました」(24歳・女性)

▽ ワンルームだと、何もない背景を探すのって大変ですよね。自分だけ妙に生活感があって「何か言われたらどうしよう……!」と焦ってしまうのも、あるあるです!

爆笑する母の声

「リモート面接があるって言ってあったのに、忘れてしまった母。面接中にテレビを観ながら爆笑する母の声が聞こえてきて、気が気じゃなかったです……」(22歳・女性)

▽ 家族がいると、面接中の物音が気になりますよね。部屋の間取りによっては、声が丸聞こえになってしまうことも。もしも家族がカメラに映ってしまったらと思うと、ヒヤヒヤして集中できません!

照明が足りなくて…

「日当たりがあまりよくない部屋なのですが、気にせずリモート面接を開始してしまった。画面に映った自分は顔色最悪! 面接官の人にも『体調悪いですか?』と聞かれてしまった……」(26歳・女性)

▽ 画面に映った顔が暗すぎると、どんな表情なのかもわからずちょっと怖いんですよね。体調不良に見えるほど暗い照明は、さすがにNGです!

明るくしすぎて…



「リモート面接は照明が重要と聞いたので、パソコンをドレッサーの鏡の前に置いて、鏡の周りについている女優ライトを全部オンにして挑みました。画面に映った瞬間、顔が真っ白になった自分の姿が……。面接官の人は苦笑いでした」(23歳・女性)

▽ 照明が暗すぎるのもダメだけど、明るすぎても顔が真っ白でビックリします……。加減が難しいですよね……。面接が始まる前に、自分の映り方をチェックしましょう!

いかがでしたか? 就職活動中、一日に何度も移動して面接を受けていた人からすれば、リモート面接ってラクに思えますよね。しかし、リモートにはリモートの苦労があるようです。油断せず、自分の映り方はしっかり確認しておきたいですね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ