ネットで約6割が「マナー違反だと思う」と答えた 飲食店での“NG行動”

しらべぇ




食事中の所作やマナーは、その人の印象を大きく左右するもの。しらべぇ編集部が行なった調査で、誰かと食事に行く際に避けるべき“NG行動”の1つが浮かび上がった。

■約6割が「マナー違反だと思う」


しらべぇ編集部が、7月12日から13日にかけてツイッター上で「飲食店にマヨネーズや一味唐辛子などの『マイ調味料』を持ち込んで料理にかける」場合についてアンケート調査を実施したところ、241票の回答を得ることができ、全体で57.7%の人が「マナー違反だと思う」と回答した。



店側が用意した卓上調味料で味変を楽しむことは全く問題ないが、勝手に持ち込んだ自前の調味料をかけるとなると、あまり快く思わない人のほうが多いようだ。

■法的に問題はない?




マイ調味料を飲食店に持ち込んで使用することは、法的に問題はないのだろうか。

齋藤健博弁護士に聞いてみたところ、「法的に、与えられた料理に対して自己負担で、調味料を用いて改変している以上は法律的に何か咎められるかというと、難しいと思われます」とのこと。

しかし、「店主にとってこだわりをもって味を考え提供している以上、『そのようなお客様は以降はお断り』と明確にしておくことによって、法的にも拒絶の意思表示を明確にすることができると思います」という。

■「マイ調味料」を持ち歩く人は…


しかしながら、決してマイ調味料を持っている=マナーが悪い人というわけではない。

しらべぇ編集部の取材に応じたAさん(20代女性)は、ネットで特別に辛い一味唐辛子を取り寄せ、アウトドア用のケースに入れて持ち歩くことがあるそうで…

「何でもかんでも辛くしたいというわけはなく、お店では使いません。ラーメンとかパスタなどスパイスが欲しくなる料理を提供しているお店には必ずタバスコなど用意されていますし、必ずそのままの状態も味わって食べています」と話す。

■アクセサリー的な意味合いも?


マイ一味を持つようになったきっかけを聞いてみると、「テレビで、スラッとした綺麗な女性が、バッグからサッとマイ一味を取り出して、お店でのインタビューに答えていて。なんだか『マイ一味』が凄くカッコいいものに思えた」とAさん。

「ミーハー的な感じで始めたので…一味のこだわりについて話すことはあっても、基本家族以外の前では使わないかも…。辛党エピソードとしては、家系ラーメンのお店で、卓上にあった唐辛子ペースト(?)を多めに入れたら、友達に若干引かれたことはあります(笑)」と話していた。

飲食店でのマイ調味料の使用は、一緒に食事をしている人からの印象も良くない可能性がある…というのが、今回のアンケート調査からもうかがえる。食へのこだわりは人それぞれだが、使う場所は選んだほうが無難かもしれない。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ