私立恵比寿中学、YouTube『THE FIRST TAKE』でパフォーマンスした「なないろ」が公開2日で100万回再生を突破

SPICE


私立恵比寿中学(エビ中)が7月16日に出演したYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』の「なないろ」映像が公開2日間で100万回再生を突破した。

『THE FIRST TAKE』は、アーティストが一発撮りパフォーマンス披露するチャンネル。今回は、池田貴史(レキシ)提供の2017年発表曲「なないろ」をTHE FIRST TAKE ver.でパフォーマンス。メンバー・安本彩花の悪性リンパ腫寛解からの279日ぶりのメディア復帰に、ファンからは祝福の声が多く寄せられている。エビ中は今年2021年5月に新メンバー3名の加入が発表され、9人体制に。今回は、真山りか、安本彩花、星名美怜、柏木ひなた、小林歌穂、中山莉子の6人で歌唱している。


また、エビ中は本日7月18日に、福岡PayPayドームでライブイベント『NUMBER SHOT 2021』に、真山、星名、柏木、小林、中山の5名が出演。小田和正、BACK NUMBER、スキマスイッチらが出演する同イベントで、エビ中バンドを従えて山笠ステージに登場した。エビ中にとっては初のPayPayドームでのライブを、30分間全力のパフォーマンスで駆け抜け、ドーム会場全体を引き込んでいった。「THE FIRST TAKE」出演後初のライブ出演となったが、2曲目には「なないろ」をバンドアレンジで、ダンスパフォーマンス交えての歌唱を披露している。


私立恵比寿中学は、8月21日と22日には2年ぶりの夏の野外イベント『みらいに響け、みなとのPLAYGROUNDこと ファミえん2021 in 赤レンガ倉庫』(神奈川県・横浜赤レンガパーク特設会場)を開催し、新メンバーの初パフォーマンスを披露する。

また、8月18日(水)に新メンバーを迎えた新曲を含むCDアルバム『FAMIEN’21 L.P.』をリリースすることも発表に。これまでのファミえんのテーマのベストソング集ともいえる内容で、メンバー全員で初期作品のボーカルを再レコーディングするなど予定しているとのこと。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ