後藤真希、高橋愛とドライブデート 「ごまっとうが大変だった」アイドル裏話も告白

クランクイン!

 元モーニング娘。の後藤真希と高橋愛が、後藤の公式YouTubeチャンネル「ゴマキのギルド」で夢の競演。高橋を助手席に乗せたドライブの様子を公開し、後藤が「あやや、ミキティとのごまっとうが大変だった…」と語るなど、アイドル時代の裏話を披露する。

1999年に当時13歳で国民的アイドルグループ・モーニング娘。のオーディションに合格しデビュー。“10年に一人の逸材”としてモーニング娘。の黄金期をエース級の活躍で支えた後藤と、5期メンバーで、同グループのプラチナ期をエースとして牽引し、2011年の卒業後は、タレント活動をはじめ、自身のブランドを立ち上げるなど、ファッションアイコンとしても注目される高橋。

そんな2人が夢のコラボを果たした今回の動画では、今年が“厄年”であるという共通点を持つ2人が、厄払いをするため、後藤の運転で神田明神へ向かうドライブの模様をお届けする。

後藤が運転する車で待ち合わせし合流した2人。まずは後藤の提案で、20年ぶりに2人でプリ撮影を行うことに。最新のプリ機の機能に驚きつつも大はしゃぎな様子で、2人でハートマークを作るポーズや、猫のにゃんにゃんポーズなど、あざとかわいいポーズを連発する。

その後、本題の神田明神へ向けてドライブがスタート。高橋から「私の第一印象とか覚えてます?」と聞かれた後藤は、黒い服ばかり着ていて口数が少なかったからなのか、「(高橋は)ぶっちゃけ暗めなイメージがあった」「(高橋のいる5期メンバーは)学校の中で言ったら優等生」と当時の印象を語った。

そして話は後藤がいた頃のハロー!プロジェクトの話題へ。後藤と藤本美貴、松浦亜弥の3人組ユニット「ごまっとう」のファンで、「真似をしていた」という高橋の発言に、「今だから笑い話だけど、(ごまっとうは)本当に大変だったなぁ…」と当時の苦労話を後藤がポロっとこぼす場面も。

さらに、「DEF.DIVA(安部なつみ、後藤真希、石川梨華、松浦亜弥)くらいが丁度いいんじゃない」「(グループに)ボケがいると和む」など、モーニング娘。加入オーディションの思い出話から、グループ所属時のぶっちゃけ話まで、ハロプロファン必見のトーク満載の動画となった。

なお、神田明神にて厄払いを行う様子は、高橋愛公式YouTubeチャンネル「高橋愛lab。」にて公開予定となっている。

高橋愛が出演する後藤真希公式YouTubeチャンネル「ゴマキのギルド」は7月18日20時より配信。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ