『モーニングショー』玉川徹の“煽り芸”に呆れ「感情論をぶつけてるだけ」

まいじつ

『モーニングショー』玉川徹の“煽り芸”に呆れ「感情論をぶつけてるだけ」 
(C)WEExp / Shutterstock

テレビ朝日・玉川徹氏の〝煽り芸〟がエスカレートしていると、ネット上で非難の声が相次いでいる。

玉川氏は現在、同局の『羽鳥慎一モーニングショー』でコメンテーターを務めているが、感情に任せて政権批判を繰り返し、たびたび炎上沙汰になっている。7月8日の放送では、メジャーリーグで大活躍する大谷翔平選手を取り上げたが、「僕が感じたのは、野球もそうなんだけど、会場、誰もマスクしていないし、大盛り上がりじゃないですか。これがワクチン接種が進んだ国と、ワクチン接種が進まなくて観客をオリンピックに入れないって言っている国の違いだなって実感させられました」などとコメント。大谷の活躍そっちのけで、国のワクチン接種事情を批判した。

また13日の放送では、東京五輪サッカーで有観客開催を決定した宮城県の村井嘉浩知事に対して、「よくリスクを超えてやるんだなっと。仮にですよ、リスクのあることをやって感染者が出たら、知事はどういう風に責任取るんでしょうね」となぜか上から目線で圧をかけまくっていた。

“政府批判”をしないと気が済まない玉川徹氏


もちろん玉川氏の発言を支持する声があるのは事実だが、多くの視聴者はドン引きしているようだ。実際にネット上では

《五輪反対、やるなら無観客じゃないと気が済まないだけじゃん。建設的な意見は何一つ言わず、感情論をぶつけてるだけ》
《相変わらず公共の電波を使って言いたい放題だな。テレ朝本当にこれでいいのか?》
《大リーグの盛り上がりと五輪を比較するなら、アメリカの感染状況をよくみたほうがいい。日本の方がめちゃくちゃ少ないんだぞ》
《なんでも政府批判にすり替えるね。ここは素直に大谷選手の偉業を称えるべきで政府を批判するのは別のところでやってほしい》
《とにかく日本を叩かないと気が済まないんだろうね。感染者数がケタ違いなのに比較してどうするんだ?》

などと、大ブーイングが起きている。

「玉川氏は、外国はスゴい・日本はダメと決めつけているようですが、日本の新規感染者数は1日あたり3000人前後。アメリカの2万人超、ワクチンによって制限を解除したイギリスの3万人超に比べたら格段に少ないんです。また、ワクチン接種数もかなり進んでいて、人口規模の小さい自治体では、全国規模に換算すると、1日300万回ペースに達しています。他国と比較するなら、きちんとしたデータを示さなければ誰も聞く耳を持たないですよ。テレ朝はいつまで的外れな批判を繰り返す玉川氏を起用するつもりなんでしょうか」(医療ジャーナリスト)

玉川氏は8日午後に来日したIOCのバッハ会長に対しても「多くの国民はあなたたちに対して、反感やむしろ悪意すら抱いていることを分かった上でオリンピックをやって欲しいと思います」とコメントし、あたかも国民の総意のような口ぶりだった。

玉川氏が煽り発言をすることで視聴率を伸ばしてきた「モーニングショー」。世間の注目を集めているのは確かだが、多くの視聴者はいい加減に辟易しているようだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ