「もしも図鑑の中に入りこめたら?」を体験できる、新感覚のデジタルミュージアムがオープンするよ!

ヘラジカ が あらわれた!
Photo: 山田ちとら

子どもの頃に、こんなミュージアムへ行ってみたかったな。

2021年7月16日(金)に、新感覚の体験型施設「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO」が銀座にオープンします。

デジタルとリアルが融合した空間をめぐりながら、図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出会い、その鳴き声を聞き、優美な身のこなしを目の当たりにする──。そんな世界に没入できる、まったく新しいかたちのアカデミック・エンターテインメントです。

「めくる」ではなく「めぐる」


小学生時代に図鑑にハマる人、けっこう多いんじゃないでしょうか。

我が家の子どもたちもずいぶんといろんな図鑑にお世話になりましたが、中でも「小学館の図鑑 NEO」シリーズは特にお気に入りのよう。絵がきれいだし、むずかしい事柄も平易な言葉で説明してあるので、大人にも新鮮な発見があります。

そんな「小学館の図鑑 NEO」シリーズからピックアップされた生き物たちがデジタルで可視化されているのが「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO」です。

「ZUKAN MUSEUM GINZA」のプレスリリースによれば、

情報に溢れ様々なテクノロジーが日々更新されていくこの時代において、書籍のページをめくるのではなく、あらゆる生き物が共存している世界の空間や時間を”めぐる”ことで”地球の自然”を五感で体感できる、新しい図鑑体験

なのだそう。

図鑑は目で楽しむものだけど、「ZUKAN MUSEUM GINZA」は目をこらし、耳をそばだて、肌感覚を研ぎ澄まして能動的に知識を探求していくスタイル。しかもひとりじゃなくて、仲間と一緒に冒険感覚で生き物について学べるのも楽しそう!
Image: ZUKAN MUSEUM GINZA

というわけで、さっそく銀座5丁目にある東急プラザ銀座ビルの6階にお邪魔してきました。

生きているミュージアム

Image: ZUKAN MUSEUM GINZA

図鑑の中の世界って、一体どんなところなんでしょうか。

まず「ZUKAN MUSEUM GINZA」に足を踏み入れて気づくのは、森の暗さと光のうつろい。人間の世界みたいに隅々まで明るく照らし出されているわけじゃないので、陰影が重なる森の中ではよくよく目をこらしていないと生き物の姿を見つけられません。

木々がザワザワとゆれる音、虫の鳴き声、そしてなにかが近づいてくる足音。これらすべてが、生き物の気配を感じさせてくれました。
『あつ森』でもおなじみ、アレクサンドラトリバネアゲハ
Image: ZUKAN MUSEUM GINZA

生き物たちはイラストのようなペイントタッチで描かれていて、「虫、ちょっと苦手…」という人にも抵抗感がないように配慮されているそうです。
GIF: 山田ちとら

館内には1日を24分に凝縮した固有の時間が流れています。上の画像は、夕方から明け方にかけて光の明るさと色が変化していく様子。時間帯以外にも、天候の変動で光が変わることもあります。

そして、夜には夜行性、明け方には薄明活動性…といった具合に、移り変わる風景の中で異なる生き物との出会いがあります。

動物たちとかくれんぼ


図鑑のページを開きさえすればいつだってそこにいてくれる動物たちも、「ZUKAN MUSEUM GINZA」ではいつも同じ場所にいてくれるとはかぎりません。館内のあらゆる場所が生き物のすみか、または隠れ家になっています。

かくれんぼの難易度は生き物によって様々で、なかにはこちらがある特殊な行動をしないと姿を現さなかったり、ある特定の天候時のみお目にかかれる幻の珍獣も。姿は見えないけど、音だけで存在を検知できる生き物もいましたよ!

実際森の中や川辺にいたらどうやって生き物を探し出すかな?と考えてみると、珍しい生き物にも出会えるヒントがつかめそうです。

冒険心をくすぐるアイテムも


来場者は「記録の石」を頼りにミュージアム内をめぐります。「記録の石」は生き物を検知してくれたり、その生き物の名前や情報を記録してくれるので、珍しい生き物に出会った時についついはしゃいでしまったり。

この「記録の石」をゴールエリアでかざすことで、あなただけのスペシャルエンディングが演出されます。収集癖が刺激され、生き物探しにも思わず身が入りますねー。

自然の美しさ、複雑さを謳歌


時が60倍速で流れる「ZUKAN MUSEUM GINZA」では、星の巡りもドラマチックでした。生き物探しに疲れたら、映像や光の演出を鑑賞しているだけでも地球の美しさを楽しめました。

あっ、流れ星!

図鑑ではそれぞれ独立して紹介されている生き物たちも、「ZUKAN MUSEUM GINZA」では同じ生態系に暮らす生き物同士の関わり合いが垣間見えて、自然の複雑さを感じることができました。

あらためて、地球上にはほんといろんな生き物がいて、それぞれの生き方が綿密にこんがらがっているからこそ生態系が成り立っているんだなあ…。「読んで知る」と同じぐらい、「体験する」って大事なんですね。
Image: ZUKAN MUSEUM GINZA
  • ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑 NEO
  • 場所 :〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目2−1 東急プラザ銀座 6F
  • アクセス :
  • 東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅 C2・C3 出口徒歩 1 分
  • 東京メトロ・日比谷線・千代田線・都営三田線 日比谷駅 A1 出口徒歩 2 分
  • JR 山手線・京浜東北線 有楽町駅銀座口徒歩 4 分
  • 営業時間 :11:00~20:00(※予定)
  • 休館日 :東急プラザ銀座の休館日に準ずる(※1/1 と年 1 回の不定期休)
  • 公式 HP :zukan-museum.com

Photos: 山田ちとら
Reference: ZUKAN MUSEUM GINZA

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ