小野大輔や櫻井孝宏ら豪華声優参加の『NIGHT HEAD2041』に反響続々「沼るなこれは」

テレビドガッチ

超能力を持つ兄弟の苦悩と戦いを描くオリジナルSFアニメ『NIGHT HEAD2041』の第1話が、フジテレビが運営する動画配信サービスFODで独占配信中。様々な謎が散りばめられた初回のストーリー展開に、ネット上では「世界観いいね」「面白くなりそう」などの声が寄せられた。

1992年に豊川悦司と武田真治の主演でドラマ化され、カルト的な人気を誇った『NIGHT HEAD』がアニメとして復活。原作者でドラマ版の監督を務めた飯田譲治が脚本を手掛け、『エア・ギア』や『天上天下』などで知られる漫画家の大暮維人がキャラクターデザイン原案を担当する。

舞台は、精神エネルギーの存在が否定され、物質主義社会となった2041年の東京。国家保安本部特務部隊に所属する兄の黒木タクヤ(CV.櫻井孝宏)と、弟のユウヤ(CV.小野賢章)は、同僚の曽根崎道夫(CV.興津和幸)や武藤玲佳(CV.Lynn)と共に、能力者を騙って多くの信者を集めるミラクルミック(CV.川津泰彦)の捕獲作戦に従事していた。

ミラクルミックの拠点に潜入した黒木兄弟は、そこで謎の少女と遭遇。しかし、少女の姿はセンサーに反応せず、本部長の本田大輔(CV.間宮康弘)が待機する司令部からも確認することができなかった。そして、少女が姿を消した直後、待ち伏せしていたミラクルミックの信者たちが4人を強襲。ユウヤを助けようとタクヤが手を伸ばした瞬間、謎の力が発動する。

一方、研究所に隔離されていたはずの霧原直人(CV.小野大輔)と直也(CV.島崎信長)の兄弟は、敷地外の森で目を覚ます。「やっと来たんだ。俺たちを受け入れてくれる新しい時代が」と喜ぶ直人。用意されていた車に乗り込み、食事をするために小さなバーに立ち寄った2人は、そこで望んでいた世界にはなっていないことを知る。「俺たちの苦しみが終わったんじゃないのか」と絶望した直人は、酔った客から酒瓶を投げつけられ、思わず能力を使ってしまう。

近未来の東京を舞台に2組の兄弟の“始まり”を描いた第1話に、ネット上では反響が。「世界観いいね」「面白くなりそうな1話だった」「めちゃくちゃかっこいい」「また沼るなこれは」などの声が上がっていた。

また、ドラマ版のファンからも「霧原兄弟懐かしい~~。今回はもう一組兄弟が出てるのね!」「“兄さん頭が痛いよ”が聞きたいです」「ドラマ版を彷彿とさせるシーンもあって楽しめた」などのコメントが到着。今後の展開に大きな期待が寄せられている。

FODでは第1話が無料配信中。以降、毎週水曜日24時55分に最新話が配信される。また、『NIGHT HEAD2041 放送直前スペシャル』と題した特別番組が7月22日まで配信中。島崎と小野が出演するほか、飯田と武田の対談が実現。これまでの『NIGHT HEAD』の歴史を振り返りながら、『NIGHT HEAD2041』の見どころがたっぷりと紹介されている。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ