『シンカリオンZ』第13話 焦るアブトが向かった先は

4月9日(金)より放送中のテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』、その第13話のあらすじ&先行カットが公開された。

新幹線が変形するロボット「シンカリオン」と、その運転士たちの活躍を描く『新幹線変形ロボ シンカリオン』シリーズ。その最新作である『新幹線変形ロボ シンカリオンZ(ゼット)』が、テレビ東京系6局ネットにて2021年4月9日より毎週金曜よる7時25分から放送中だ。

このたび、7月16日(金)放送の第13話「起てよZ合体!関ヶ原総力戦‼︎」のあらすじ&先行カットを公開!
「シンカリオンZN700Sのぞみ」と「ザイライナー HC85ヒダ」とのZ合体テストがうまくいかず、焦るアブト。整備長である島に連れられてアブトが向かった先は……。
先行カットには、「シンカリオンZ N700Sのぞみ」を見守るアブトとリュウジの後ろ姿が。まだ営業運転を開始していないJR東海の「HC85系」の走行シーンもあり、鉄道ファンも注目のエピソードとなるだろう。

詳しいあらすじ、先行カットはこちら!

<第13話 「起てよZ合体!関ヶ原総力戦‼︎」>
アブトが父の設計図どおりに作った「シンカリオンZ N700Sのぞみ」と「ザイライナーHC85ヒダ」のZ合体テストが失敗してしまう。このままでは父に追いつけないと焦るアブトは、島に連れられてかつての父の職場を訪れる。そこは、鉄道の技術革新の担い手・先導役である「鉄道総合技術研究所」だった。
その時、関ヶ原に巨大怪物体が出現。シンカリオンZを待ち受けていたのは、ソウギョクがしかけた無数の敵だった。

>>>『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』第13話先行カットを全て見る(写真6点)

また、第13話からエンディング主題歌が人気男性ボーカルユニット「浦島坂田船」の新曲『駆け上がるボルテージ』に決定し、エンディング映像も一新!
それを記念して、新エンディング映像(ノンクレジット版)をシンカリオンTV(YouTube)にて第13話放送後に公開予定だ。こちらも合わせてチェック!

(C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所Z・TX

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ