【再現レシピ】『賢い医師生活』の「アボカドたっぷりたまごサンド」

曇り空が続き、なんだか気持ちまでスッキリしない今日このごろ。
そんな時は簡単に作れるおいしい食べ物で気分を上げていきたいですね。

今回は、韓国ドラマ『賢い医師生活』に登場する「アボカドたっぷりたまごサンド」をご紹介。フワッフワのたまごとアボカドで見た目も味もクセになります!

 

 

『賢い医師生活』の「アボカドたっぷりたまごサンド」って?

“泣けるドラマ”としても有名で、現在Netflixではシーズン2までが配信されている韓国ドラマ『賢い医師生活』。

食べるシーンも多く、なかでもたまごサンドのお店『EGG DROP』のサンドイッチを食べるシーンは印象的。

今回は、肝胆膵外科の助教授・イクジュンが息子のウジュと食べた『アボカドたっぷりのたまごサンド』を再現します。

 

材料

・アボカド 1個
・食パン 1枚
・レモン 1/2個
・卵 2個
・牛乳 大さじ1
・バター 大さじ2
・塩 少々
・マヨネーズ 大さじ3
・こしょう 少々
・酢 大さじ1/2
・コンデンスミルク 小さじ1
・乾燥パセリ 適量

 

作り方

 

1. 食パンに横から見て3/4程度まで包丁で切り込みを入れる。

 

2. アボカドの皮をむき、半当分に切る。半分を5mm程度にスライスし、レモン汁を少量かける。

 

3. 残り半分のアボカドをフォークなどでつぶし、マヨネーズ(大さじ1)、レモン汁(少量)、塩、こしょう、を加えて混ぜ、アボカドソースを作る。

 

4. フライパンを中火にかけ、バターを1/3入れて溶かす。1の食パンを入れて片面を焼き、残りのバター1/2を入れてもう片面も焼いていく。

 

5. ボウルに卵、牛乳、塩を加えて混ぜ、卵液を作る。フライパンを強火にかけて残りのバターを入れて溶かし、卵液を入れて柔らかめのスクランブルエッグを作る。

 

6. 4で出来上がったパンのあいだにアボカドソースを塗り、スクランブルエッグ、アボカドをはさむ。

マヨネーズ(大さじ2)、酢、コンデンスミルク、塩を混ぜてマヨネーズソースを作り、出来上がったサンドにかけて乾燥パセリを散らしたら完成。

 

 

ワンポイントアドバイス

・スクランブルエッグを作るときは、余熱で卵が固まるので「ちょっとゆるいかな」程度で加熱するのを止めと、ちょうどいいフワッとしたスクランブルエッグになります。

・食パンは2枚使って具をはさむ感じでも、ボリュームがあって良いです。

 

いかがでしたか?

たまごの黄色とアボカドの緑が“映える”サンドイッチで、さらに味もマヨネーズソースとパセリがアクセントになってとってもおいしいサンドイッチです。

食パン1枚を使ってちょっと小腹が空いた時に、食パン2枚でしっかり食べたい時にアレンジできるのも良いですよね! ぜひお試しあれ。

WRITER

  • Jins
  •        

  • 北海道を中心におしゃれな農業活動、料理、ハンドクラフト、写真とマルチに活動中。映画やアニメ、ゲームといったサブカルチャーも大好きでインドア・アウトドアをにこだわらない多趣味持ちです。近日、自身のYouTube チャンネルを開設予定。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ