ウェス・アンダーソン監督『犬ヶ島』7.16より配信 予告映像公開

クランクイン!

 ウェス・アンダーソン監督が贈るストップモーション・アニメ『犬ヶ島』が、ディズニープラスにて7月16日より配信されることが決定。併せて予告映像が解禁された。

本作は、『グランド・ブダペスト・ホテル』でアカデミー賞4部門を受賞したウェス・アンダーソン監督が手掛けるストップモーション・アニメ。近未来の日本を舞台に、ドッグ病の感染拡大を恐れ犬ヶ島に追放されてしまった愛犬を探す少年と、島に暮らす犬たちとの絆を描く。同監督は本作で第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞した。

全米公開の際には、黒澤明作品、宮崎駿作品をはじめとする日本映画へのオマージュに満ちた本作を絶賛するレビュアーが多数出現。近未来なのにどこかノスタルジックな独特の世界観で描かれた少年と犬たちの冒険物語は、心揺さぶられるワンダフルアドベンチャーとなっている。

声優には、ビル・マーレイ、エドワード・ノートン、ブライアン・クランストン、フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、オノ・ヨーコら多彩な才能を持ったハリウッドスターやアーティストが集結。日本からも渡辺謙、夏木マリ、野村訓市、野田洋次郎、山田孝之、池田エライザらがオリジナルキャストとして名を連ねている。

予告映像では、12歳の少年が小型機を盗み、ゴミ処理場の島「犬ヶ島」に隔離された愛犬を探す冒険が映されている。すべての犬たちは、ドッグ病が大流行した“メガ崎市”の市長によって「犬ヶ島」に隔離されていたのだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、愛犬スポッツの探索を始めた少年アタリは、メガ崎市の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく。

映画『犬ヶ島』は、ディズニープラスにて7月16日配信開始。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ