“動物ラブ”な林遣都「こんな幸せな撮影はない」<映画『犬部!』インタビュー>

 

俳優の林遣都さんが、7月22日(木・祝)より全国公開される映画『犬部!』に主人公・花井颯太役で出演します。

『犬部!』は獣医学部に実在した同名サークルを基にした、犬と人間の絆が織りなす物語。
「犬部」を設立した獣医学部の花井颯太が、親友の柴崎涼介(中川大志さん)や仲間たちとともに動物を守ろうと奮闘した過去パートと、獣医師となり新たな問題に立ち向かう現代パートのふたつの時代構成で描かれます。

めるもでは、林さんにインタビューを実施。信念を曲げずに突き進む“犬ラブ”な颯太を演じた林さんは、ご本人も相当な“動物ラブ”とのこと。その想いや役に対する取り組みのほか、林さんが「またご一緒したい」という縁のある方についてまで、たくさんお話を伺いました。

 

 

――『犬部!』は、片野ゆかさんの『北里大学獣医学部 犬部!』を原案にしています。林さんも読まれたそうですね?

林遣都:はい。何かを変えようと頑張っている、奮闘している若者の姿が描かれていたので、読んだ後は清々しい気持ちになりました。長い時間をかけて取材されて、ひとりでも多くの人に知ってもらいたいという想いが込められた本だと感じました。僕も映画という形で携われて、ひとりでも多くの人に届けられることが、すごく嬉しいです。

 

――林さんは、もともと動物がお好きなんですか?

林遣都:もともと好きです! 語弊がある言い方かもしれないですが、人も動物も心があるのでそんなに変わらないと思っています。。だからなのかもしてませんが、これだけの期間たくさんの動物たちと触れ合って、よりその気持ちが強くなりました。心と心で向き合うと、人と動物もつながることができますし、お互いを認識し合って共に過ごしていけることができる大切な存在なんだなと、常に感じていました。

 

――動物との撮影は思い通りにいかないことも、ハプニングもあると聞きます。『犬部!』の撮影では、いかがでしたか?

林遣都:ハプニングやうまくいかないことは、本当に思い当たらないぐらいでした。当初、台本に書かれていても「これはできないだろうな……」と思っていたことさえも、全部想像を超えてきてくれてとても良いシーンが、たくさん撮れたんです。僕だけじゃなく、この作品に関わった人全員が、動物のことを第一に考えて、無理にお芝居をさせることは決してなくて。一緒に過ごしているという関係性を成立させるために、ひたすらに心を通わせようとしていたから、(動物も)少しずつ応えていってくれたのかなって。動物たちはみんな感情表現が本当に豊かなので、「表情があるんですよ!」というところをみなさんにも観てもらいたいです。

 

――普段、なかなかあそこまでたくさんの犬に囲まれることはないじゃないですか。幸せでしたか?

林遣都:もう、もちろん(笑)。共演者の皆さんと「こんな幸せな撮影ないね~」って、毎日のように言っていました(笑)。動物は、人間の感情を引き出してくれる、普段抱かない気持ちさえも引き出してくれて、心を豊かにしてくれる存在なのかな。特別な存在なのかなと思います。

 

――作品を通して、改めて気づいたことや自身に起きた変化などもありましたか?

林遣都:普段は、やっぱり自分が俳優として人に求められる存在になっていきたい、という想いを強く持ってやってしまっているんです。けれど、こういった題材の作品に携わることで、少しでも人のためになれているのかな、という想いを持つことができました。何て言うか……俳優業に誇りを持てるような作品だと感じました。

 

――本作のみどころともいえるのが、学生パートの颯太と、現在の獣医師パートの颯太という2パターンをみせた林さんの演技だと思います。信念は変わらないけれども、変わったところもある颯太の月日を感じさせる演技において、苦労した点や向き合い方なども聞かせてほしいです。

林遣都:今おっしゃっていただいたようなことを、まさに意識していました。颯太は、動物と出会った頃に芽生えた気持ちがずっと変わらない人で、ブレない強さみたいなものを大切に演じていました。ただ、描かれていない部分では、時が経つなかで颯太だって柴崎と同じように辛い思いをしたり、くじけそうな瞬間もたくさんあったと思うんです。学生時代から、しっかりとそういうものを経験してきて今があること、どういう10年間を過ごしてきたのか、というようなことを整理してやりました。どう見えるかはわからないですけど、僕の中で何かがにじみ出ればな……という想いで演じていました。

 

――柴崎の「やり方は違っているけれど、目指しているところは同じだろ」というセリフが2回出てきます。1回目と2回目で颯太の受け止め方の印象がまったく変わりますよね。そのあたりにも今おっしゃったこと、よく出ていたように思います。

林遣都:そうですね。柴崎との関係で言えば、僕は演じているときも、できあがりを観てからも、「あ、本当に格好よくて美しい友情関係だなあ」と感じていました。きっと、最初のほうは自分の考えとは違う方向に行こうとしている柴崎に、そっちに行ってほしくないから何とか変えたい、という気持ちがあったと思うんです。でも、年月を経て、最終的にはすべてを理解して認めて、自分にとってもこういった存在は必要なんだ、こういう考えで戦おうとしている人間は必要なんだ、という風にも思えるようになったというか。本当に深い関係性が描かれていますよね。たぶんこの先も、続いていくと思うんです。

 

――颯太と柴崎は親友で共通点もありながら、向き合い方は異なる、強さの在り方が違うタイプですよね。颯太は違うと思ったら真正面から後先考えずに突っ込んでいくタイプ、柴崎は周りを見て1回自分で受け入れて、周りを見ながら進めるタイプ。林さんはどちらに近いんですか?

林遣都:僕は、どっち……も共感しました。颯太の生き方はやっぱり格好いいと思いますし、必要な存在だと思っていて。あそこまで信念を曲げずに生きているかと言われたら、自信はないですけど、でもなんか「やらないで後悔するなら何事もやる!」みたいな考えは持っています。かといって、それでダメだったときに人の意見を聞いて、受け入れられることは心がけたいと思っていたりもするんです。……なので(笑)、どっちにも共感できるというか。

 

――ちなみに、柴崎を演じた中川さんとのコミュニケーションはいかがでしたか? 実年齢では林さんのほうが、少しお兄さんですよね。

林遣都:はい。僕、30になったので。そんなに7歳も8歳も離れているとは思えないぐらい、(中川さんは)しっかりしていて。とにかくやっぱりハートが強そうというか、度胸があるんです。僕が年上とかは関係なく、俳優として対等に、現場にいることができたんです。いろいろな意見を出してくれたり、相談をしてきてくれたり、会話ができた方でした。すごく熱意をもってひとつの作品だったり、俳優業に取り組んでいるなと思いました。

 

――トレーラーでは、「また“犬部!”やろうぜ」というセリフがありました。林さんが俳優として「また」ご一緒したいなと思う俳優、監督というと、どなたになりますか?

林遣都:今ぱっと出てきたのは、『ダイブ!!』でご一緒させていただいた熊澤尚人監督です。篠原(哲雄)監督とも昔から親交のある方だったので、熊澤さんは『犬部!』の試写会にも来てくださったんです。僕は昔から、お家に遊びに行ったりもしていたんですけども、久々にお会いして。自分がデビューしたての頃ご一緒した監督に、10数年経って、同じ場所で自分が出ているものを観てもらうとは、ちょっとドキドキでした(笑)。

 

――ドキドキされたと! 熊澤監督はどんな感想をお持ちになっていました?

林遣都:なんというか……すごく褒めていただいたというか。もちろん作品の題材と、モデルになった太田先生のおかげだと思うんです。それがすごく嬉しくて、またいつかご一緒したいと思いました。監督のもとで、実際に今の自分を見てもらいたい、という想いを抱きました。

 

――できれば「こんな役で」という、林さんからの逆リクエストはありますか?

林遣都:いやいや、どんな役ですかね……! 『ダイブ!!』がかなり純朴な役だったので、人に影響を与えられるような、役がいいですかね(笑)?

(取材・文:赤山恭子、写真:映美)

 

 

映画『犬部!』は、2021年7月22日(木・祝)より全国ロードショー。

キャスト:林遣都、中川大志、大原櫻子、浅香航大 ほか
監督:篠原哲雄
公式サイト:inubu-movie.jp
(C)2021『犬部!』製作委員会

WRITER

  • 赤山恭子
  •        

  • エンタメ雑誌編集部に勤務後、ハリウッド映画の版権を買い付け日本国内で販売するディストリビューターを経て、フリーの映画/エンタメライターに。現在は、監督・俳優のインタビューを中心に、現場取材、映画紹介コーナーほかも担当。相手の心に寄り添い、時に突っ込みながら深めてゆくインタビューが持ち味。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ