佐々木希、活発な長男に苦戦「子育ては毎日が危険と隣り合わせ」と子ども用ハーネスに言及

小さな子どもを連れて外出する際、勝手に離れて迷子になったり事故に遭わないよう紐(リード)でつなぐ子ども用ハーネスがワイドショーなどで取り上げられて物議を醸している。女優の佐々木希(33)はもうすぐ3歳になる息子から「ママ、ダメだめだよ」と逆に注意されて成長ぶりに驚くこともあるが、一方で元気が良過ぎて目が離せず「毎日が危険と隣り合わせ」と子育ての大変さを痛感しているそうだ。そんな佐々木がテレビ番組で子ども用ハーネスの話題に触れた。

先日はインスタグラムに息子から撮られたというトレーニング中のレアショットを公開した佐々木希。7月9日放送の『チコちゃんに叱られる!』(NHK総合)にゲスト出演して、そんな息子の成長ぶりを話した。佐々木がお菓子を食べた後のゴミを置いたままにしていたところ、「ママ、ゴミ、ダメ」とそれをゴミ箱に捨ててくれた。ママに教わったことを守ってそんなことまで言えるようになった息子を微笑ましく思いつつも、逆に注意されて「結構ショックだった」という。そのようにすくすくと育つ息子だが、わんぱく過ぎて手を焼くこともあるそうだ。

息子は佐々木が追いつけないほど足が速くなり「知らないうちにどこかへ行ってしまわないか」と心配で目が離せない。子育ての悩みを「毎日が危険と隣り合わせで気が抜けない」と明かしたところ、チコちゃんが「本当にリードみたいなのを付ける人がいるもんね」と子ども用ハーネスを例に挙げて佐々木の言葉に共感した。

子ども用ハーネスについては数年前から様々なテレビ番組で取り上げている。2015年6月に『ワイドナショー』(フジテレビ系)で話題にした時は「乱暴な運転をする人もいるからハーネスを付けた方が安心」、「見た目があまり良くない」と賛否の意見が聞かれる中、佐々木恭子アナウンサーが「子どもが手をつながずに歩きたがる時に、自転車が来たりするとヒヤリとする」という経験から、ハーネスはそういう時に有効だと話していた。2016年5月に『バイキング』で子ども用ハーネスが話題になると、木下優樹菜がペットの犬は手をつなげないからリードを使うものの「自分の子どもなんだから手をつなごうよって思う。私は手をつなぎたい」と主張すれば、ホラン千秋は「行っちゃダメ!」とつい強く引っ張ったら転ぶかもしれないので「逆に危険な気がする」と懸念したものである。

今年4月には『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、橋本マナミが息子は9か月(当時)で走り回ることはないが、早めにハーネスを購入したことを明かし「私は使っていいと思う。全然虐待だと思いませんけど」とコメントしていた。ちなみにマンガ家でタレントの浜田ブリトニーは実際に使用しており、2019年4月にブログで「迷子紐リュック 子どもが生まれるまでは理解不能だったけど 使い方次第では便利かも」と幼い娘に付けて外出するところを投稿している。

このたびの『チコちゃんに叱られる!』で「リードみたいなのを付ける人がいるもんね」と投げかけられた佐々木希は「リュックに紐みたいなのが付いているんですよね」と応じており、子ども用ハーネスについて「まだ手は出せずにいるけど、やりたいという気はあります」と興味津々のようだった。

画像2、3枚目は『佐々木希 2021年7月9日付Instagram「本日#チコちゃんに叱られる!」』『浜田ブリトニー 2019年9月11日付オフィシャルブログ「はじめての迷子紐リュック」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ