灰色のイデアについて考えた時こそ、視覚の内外に広がる身体的実体験の豊かな可能性を再認識する。香月恵介個展「Noumena」

NeoL

〈Noumena 1〉

EUKARYOTEでは7月9日(金)から8月1日(日)まで、香月恵介による個展「Noumena」を開催。香月恵介は、現代における私たちのイメージの源とも言えるディスプレイ、その図像の発光をRGBに分解し、調合された絵具によって物理的に置き換える代表作、ピクセルペインティングを作家キャリアの初期より発表、今年の群馬青年ビエンナーレ(群馬県立近代美術館)に作品を出展するなど、独自の探求を続けている。ピクセルペインティングから発展し、2019年の個展ではRGB3種の発光するイメージを一つの画面上に描いたタブローに対し、RGB3色のライティングを重ねるインスタレーションを用いた作品、「Lux」によって、光の認識不可能性を示した。

本展では「Lux」の新作とともに、これまでピクセルペインティングの対となるコンセプトとして制作されてきた「Gray」の新作、「Gray : Noumena」を発表。「考えられたもの」、あるいは「仮想物」という意味を持つ「Noumena」の名が与えられた本シリーズは、CMY(シアン、マゼンタ、イエロー)の絵の具を画面上で混色することによって現れる灰色の絵画面に、ディスプレイ表示においては理論値であり、本来は吸収されているはずのRGB輝度値がランダムに表記されている。

私たちは物を見るときに、物そのもの、固有の色を見ているという概念を取り払えずにいる。だが、実際には物に光があたった際、光の波長の吸収と反射を同時に引き起こしている状態がそこにあることによって、私たちは一部の色でしかその物を観測できていない。一方で、コンピューターの24Bitカラー表示色においては、理論上16,777,216種もの色をディスプレイへ表示可能にするが、この膨大な数の色彩を見分けることは私たちには不可能と言えるだろう。言い換えれば、ディスプレイ上には無数の灰色が想定されているが、実際は光の明暗でしかないのだ。光を当てないと見ることさえできない絵画と、そのものが発光している画像とは色彩理論からして対照的であることを明らかにした上で、香月は「Lux」で減法混色であるRGBの絵に対し、加法混色である光のRGBを与えるという手法で、光=色彩と時間、それぞれの重なりと揺らぎを提示。今回、メディウム=色材的灰色と、ランダム生成された仮想物としての光学的灰色の数値が混成された「Noumena」を介して灰色のイデアについて考えた時にこそ、私たちが視覚を通して捉えられない世界について想像を促し、視覚の内外に広がる身体的実体験の豊かな可能性について再認識する機会が与えられるだろう。


〈Noumena 2〉


〈Noumena 3〉

「Noumena」会期 : 2021年7月9日 (金) - 8月1日 (日) 参加作家:香月恵介※新型ウイルス感染対策のためオープニングレセプションは行いません会場 : EUKARYOTE 1 - 3F (東京都渋谷区神宮前3-41-3) [東京メトロ銀座線 外苑前駅 出口徒歩10分]時間 : 12:00 - 19:00休廊 : 月曜日http://eukaryote.jp/exhibition/keisuke_katsuki_2021/

香月 恵介|Keisuke Katsuki1991 福岡県生まれ2014 東京造形大学 造形学部美術学科絵画専攻 卒業2016 東京造形大学大学院 造形研究科美術専攻領域 修了個展2020「ELAPSE」SEZON ART SHOP, 神奈川2019「Hope’s harbinger」EUKARYOTE, 東京2018「Les Nymphéas」EUKARYOTE, 東京2017「Image in the Light」Lower Akihabara., 東京2015「Color Without Color」Art Complex Center Tokyo, 東京「Filled with Light」Lower Akihabara., 東京近年の主なグループ展2021「DELTA Exhibition」TEZUKAYAMA GALLERY, 大阪「SHARE the unprivate collection」コートヤード広尾, 東京2020「EUKARYOTE POP UP SHOW」WHAT CAFE TERADA, 東京「EUKARYOTE GROUP SHOW」EUKARYOTE, 東京2019「イメージとの距離」関内文庫, 東京2018「NOUMENON」TAV GALLERY, 東京「PREVIEW」EUKARYOTE, 東京2017「rgb+ 2017 exhibition vol.9」ZOKEI Gallery, 東京「Japanese Contemporary Art Show」La Lanta Fine Art, バンコク「CIRCUS vol.1」SEZON ART GALLERY, 東京

当記事はNeoLの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ