友達以上恋人未満… 曖昧な関係を続けるデメリットを聞いた

fumumu

別れ(Motortion/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
今の関係が壊れるのが怖くて、曖昧な関係を続けてしまう人は少なくないと思います。しかし、曖昧な関係を続けることもデメリットがないわけではありません。

fumumu取材班が、詳しい話を聞きました。

(1)時間もお金も無駄にする可能性あり


「付き合うつもりで時間を作り、お金をかけて準備をしても、フラれてしまったら何も残りません。お金は頑張って稼げば挽回できるかもしれませんが、時間は取り戻せませんよ。

『結婚したい』とか『子どもを生みたい』と思っているのであれば、逆算して期限を設けた方がいいと思います。私は子どもを2人は欲しいと思っていたので、30歳になる前に相手に真意を確認しました」(30代・女性)

期限があると、腹をくくりやすくなりますね。

関連記事:エッチがうまそうな男性って? 普段の言動から見極める方法

(2)良縁を逃してしまうかもしれない


「曖昧な関係だったとしても、一人じゃないと新たな出会いに消極的になりがち。結果、良縁を逃してしまう可能性もあると思います。

地元の同級生は『早く結婚したい』が口癖ですが、『ちょっと気になっている人がいるから』と言って、出会いの場には全く来ません。でも、付き合い始める気配もなく……友達としてちょっと心配しています」(20代・女性)

好きなら、付き合う努力をした方が健全かもしれません。

(3)都合のいい女にされることも


「曖昧な関係でも許されることが分かれば、男性側は積極的に付き合おうとは思わないかもしれません。むしろ、都合のいい女にされてしまうこともあると思います。事実、私がそうでした。

相手男性は会社の上司だったので、今の関係が壊れるのが怖くて。付き合うかどうかに触れず曖昧にしていた結果、『婚約したらしいよ』と同僚経由で聞く羽目に。

もっと早くに気持ちを伝えていれば……と、後悔しかありません」(30代・女性)

選ばれる努力をしなかった後悔は、悔しいですよね。

曖昧な関係を続けたくて続けている人は少ないと思います。いつかは白黒はっきりさせたいと思っているのなら、答えを先延ばしにし過ぎない方がいいかもしれません。

・合わせて読みたい→「しよう」と思ったときに彼のアソコが元気にならず… 女性ができる対応策3選

(文/fumumu編集部・志都)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ