『スター・ウォーズ』新作に冷めた声…「ディズニーポリコレ」「作らないで」

まいじつ

『スター・ウォーズ』新作に冷めた声…「ディズニーポリコレ」「作らないで」 
(C)Dean Drobot / Shutterstock

世界的に人気の『スター・ウォーズ』シリーズ新作となる予定の『スター・ウォーズ:ローグ・スコードロン』の脚本が完成間近だと発表された。しかし、ファンからは「もうやめて」との悲鳴もあがっている。

「ワンダーウーマン」で知られるパティ・ジェンキンス監督が指揮をとる『ローグ・スコードロン』。新世代のスターファイター・パイロットたちの物語になると明かされており、2023年12月22日全米公開予定。ルーカスフィルム社から創作性の自由が与えられているという同作について、ジェンキンス監督は脚本が仕上げの段階に入っていると公表している。

スピンオフ作品は実は好評?


待望の『スター・ウォーズ』最新映画なのだが、ネット上では

《私の中ではルーカス作品だけがSW》
《作らないでほしい。ディズニーが作るスターウォーズはディズニーポリコレのプロパガンダ用でしかなく駄作しかない》
《7、8、9を作り直した方がいいと思う。カイロレンやレイなど 、ストーリーも最悪だった》
《完全オリジナルストーリーなら、もはやそれはスターウォーズではない。ルーカスの離脱とともに物語は終わった》

など冷めた声が多くあがっている。

「シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスの手を離れ、ディズニーが権利を取得して制作されたエピソード7、8、9は大失敗に終わりました。3部作を制作する中での計画性のなさが指摘されており、ずさんな管理体制がファンから猛バッシングを食らいましたね。そのため、一部のファンはディズニーが作る『スター・ウォーズ』に期待をしていないようです。しかしディズニー主導でも、スピンオフ映画『ローグ・ワン』やテレビシリーズの『マンダロリアン』は絶賛されている。今回の新作も、成功する可能性は十分にあるでしょう」(エンタメ誌記者)

冷めたファンを再び燃え上がらせるような作品を期待したい。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ