エンスーの想いを叶える「A70/A80スープラ」の復刻パーツがさらに拡大

IGNITE


思い出の詰まった愛車に長く乗り続けたい……そんな極めてピュアな想いをサポートするべく、トヨタが「GRヘリテージパーツプロジェクト」を2020年から推進している。



[nextpage title=”サプライヤーの協力による限定生産”]

「A70スープラ(1986年-1993年)」と「A80スープラ(1993年-2002年)」、そして往年の名車「2000GT(1967年-1970年)」を対象にした同プロジェクトは、すでに廃版となってしまった補給パーツを復刻・再生産し、純正パーツとして再販売する取り組みとなる。



この取り組みは、日本だけに留まらず、北米や欧州などのグローバル市場においても展開。今回は、A70/A80スープラの補給パーツの範囲をさらに広げている。



具体的には、この7月からA70スープラ向けにクラッチマスターシリンダーやクラッチレリーズシリンダー、ブレーキホース、ヒーターホース、エアコンスイッチノブを発売。



続く8月には七宝焼きのフロントエンブレムを発売し、その後もボデーサイドモールやフロントサスペンションロアアームブシュなどを送り出す予定となっている。

一方のA80スープラ向けには、O2センサーとフロントバンパーが復刻された。



これら復刻パーツは、サプライヤーの協力による限定生産となるため、工場での生産期間終了後は在庫限りでの販売となる。気になる方は、GRヘリテージパーツのオフィシャルサイト(https://toyotagazooracing.com/jp/gr/heritage/)の情報をこまめにチェックしておくといいだろう。



また、今回の追加に合わせ、A70/A80スープラのエンブレムをかたどった特製キーホルダーをそれぞれ限定300個で制作し、「TOYOTA GAZOO Racing collection(https://shop.gazoo.com/shop/c/c1006/)」にて販売している。

(zlatan)

画像元:トヨタ自動車

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ