【04】「着まわし上手なカラーTシャツ」丨カジュアルがやわらぐ「クリームイエロー」

GISELe

Tシャツコーディネートのパターンを増やすべく、PART【01】-【04】に分けて華やぐ色=カラーTシャツの着まわし方をお届けする短期連載企画。4回目は【01】のワードローブと「オフ白的に使えるクリームイエローT」をもとに、9パターンの着まわし方をご紹介。

【着まわすTシャツ】

Tシャツ 17,600円/ebure(ebure GINZA SIX店)

合わせるボトムの色を選ばず活躍する、白とイエローの間をとったようなニュアンスカラー。やや身幅の広い形で丈は短めですっきりと。

★組み合わせたアイテム
ワードローブの詳細はこちら

A:知的な白
B:トラッドな小物
C:ほどよい締め役
D:茶系はテイスト違いで
E:気楽なパンツ
F:強気な黒
G:白っぽい小物


No.01
定番のTシャツ×デニムをやさしげに
デニムに合わせるTシャツを、白からイエローに変えるだけ。穏やかな色みが加わることで、ラフな装いでも女性らしい雰囲気を出せる。

+ E-2 + G-3
「メンズ的な着方をマイルドに解釈」

イエローTシャツとデニム。定番かつ、くだけたムードのワンツー。そでを折り返してメンズ風に引き締めても、フォギーな色みのおかげで、無骨な印象をおさえられる。小物はインテリジェントに。

No.02 
主張のあるボトムを日常にならす
白Tだと際立ってしまう、質感や形に特徴のあるボトム。まろやかなイエローTシャツで雰囲気をやわらげれば、ひとクセあるアイテムも試しやすくなる。

+ C-1 + D-1
「リッチなブラウンでリゾート気分」

軽快なイメージを足せるイエローTをとり入れ、リュクスなサテンスカートの迫力を分散。あいまいな色みがサテンのツヤめきを落ち着かせ、親しみやすいルックスに。首もとにアクセントのスカーフを。

No.03
+近しい色みで「グラデーション」
たとえば白とベージュ。間をとりもつようなイエローの色みを利用すれば、同系色のボトムをセットしてグラデーション風の配色が簡単に。

+ A-1 + A-2 + C-1
「白とイエローをなじませる」

中に着るTシャツをクリームイエローに変え、見慣れたALL白をマイナーチェンジ。さりげなく色みが入るだけで、白っぽい配色の間のびも防げる。全部白系でもストイックすぎないのは、すべてがゆるい形だから。

+ B-3 + E-1 + G-2 + G-3
「ベージュ1色より奥行きが増す」

ベージュにとけ込むオフ白に近いイエロー。まろやかな2色に濃淡をつけたことで、ぼやけないうえボーイッシュな合わせもどことなくモードに。ブラウン系だからサングラスやベルトの小物づかいもエッジが効きすぎない。

No.04 
モノトーンの辛さをマイルドに
モノトーンの白を、白に近いイエローに変えて新配色を創出。明るさとまろやかさがある色みが黒をなごませ、辛口配色をキレイめカジュアルへと塗りかえ。

+ B-1 + C-2 + F-1
「色みを足してコントラストを弱める」

背筋が伸びるすらりとした黒のIラインスカート。白Tではなく薄いイエローで、配色のコントラストを少し弱めるだけで、やさしげな辛口スタイルがかなう。きゃしゃなヒール合わせでも気張って見えない。

SPIN-OFF
「+αのボトム」で着まわし幅をさらに拡大
カラーTシャツ気分転換に向く、なつかしさの漂う3つのボトムをご提案。夏に向くさわやかなイエローで、レトロなテイストに「今」の気分がそなわる。

【+ストライプスカート】
▶シャープな柄を利用してスレンダーに

ストライプタイトスカート 20,900円/マルティニーク(マルティニークルコント ルミネ有楽町)

ベージュ寄りのイエローとなら、スマートなストライプ柄もほどよい辛さに落ち着く。ハットで目線を上に誘導すれば、より縦感の強調に。

【+深い赤のハーフパンツ】
▶丈感を変えるだけで新鮮さを表現

ハーフパンツ 9,350円/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド)

やわらかな質感のシャツをはおれば、カラーONカラーの強さがなごむ。ブラウンに近い赤だから、脚を出しても上品なまま。

【+白のレーススカート】
▶どことなくフレンチムード

白スカート 6,990円/ZARA(ザラ カスタマーサービス)

淡いイエローにかわいい白を合わせて、軽やかなレトロスタイルを表現。足元のローファーがクラスUPに一役買う。

当記事はGISELeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ