林遣都が高橋メアリージュンを泣かせた理由が判明!?

7月12日(月)21時30分から『禁断の嫉妬調査 ジェラシーなアイツ』(MBS/TBS系)が放送。高橋メアリージュンが、“泣かされた俳優”として林遣都の名前をあげる。

同番組は、日本中から“嫉妬=ジェラシー”に関する現代を映し出すようなネタを集め、自らの業界・私生活・人間関係などと結びつけながら、女性たちがトークするバラエティ。MCは田中卓志(アンガールズ)とDAIGOが務め、高橋のほか、アンミカ、いとうあさこ、サーヤ(ラランド)、土屋アンナ、矢吹奈子(HKT48)がゲスト出演する。

かつて歌手志望だった高橋。今や女優、モデルとして大活躍だが、実は長年憧れの存在だったのは、浜崎あゆみ。好きすぎて完コピしたという、浜崎のあの名曲をスタジオで生歌唱する。DAIGOが「肝っ玉の持ち主!」と大絶賛した、その歌声は注目だ。

そして過去の恋愛における驚きの話も明かすほか、ドラマで共演した林へのジェラシーも告白。高橋が“泣かされた”その理由とは?

矢吹はHKT48の第3期生でありながら、今年4月28日に約2年半の活動を終了した日韓合同のグローバルグループ・IZ*ONE(アイズワン)としても活躍し、日本のみならず、世界からラブコールを送られる存在。そんな彼女が「アイドル界って嫉妬でバチバチしていて……」と、あるエピソードを告白! さらに、IZ*ONEでも活動を共にし、先日HKT48を卒業した宮脇咲良から、矢吹へのジェラシーが寄せられる。

また、矢吹は自身のInstagramにて、ある投稿をフォルダ名「ハートマーク」で保存しているという。その内容とは?

嫉妬する相手を聞かれた田中は、「○○ちゃん、許せないんだよね!!」と堂々宣言! 芸人として自分の武器を見詰め直し、試行錯誤していた時期があったことをラジオで明かすなど、論理的な思考も持ちながら仕事に向き合う田中だが、ここでは感情的な言葉を炸裂させる。

そしてDAIGOは、自らを「めちゃくちゃ嫉妬するタイプ」と分析。さらに、ライバルを聞かれゴールデンボンバーの名をあげる。その理由は意外な内容で!?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ