冷めた揚げ物がサックサクに!揚げたての食感を復活させるワザ

暮らしニスタ


こんにちは。「家事コツ研究室」食いしん坊研究員のFumiです。

「冷めてしまったフライ物たち。揚げたてみたいにサクサク、おいしく食べられたら!」
そんな願いを叶えてくれる情報が、最近、TV番組「家事ヤロウ!!!」で紹介されました。

さっそく、冷めた天ぷらが本当にサクサクに温められるのか検証を開始。コロッケやから揚げなど他のフライ物でも応用できるのかどうかも試してみました。

霧吹き+オーブントースターで天ぷらがサクサクに!


TV番組「家事ヤロウ!!!」で紹介された「冷めた天ぷらをサクサクに復活させる方法」は、オーブントースターを利用するものでした。まず、その方法をざっとおさらい。

【必要な道具】

霧吹き、アルミホイル、オーブントースター


【手順】


1.アルミホイルを一度クシャッと丸め、再び広げます。こうすることで、加熱したときに揚げ物から染み出る油をホイルのくぼみに落とし、衣に油がつくのを防ぐのだとか。



2.天ぷらに霧吹きで水をまんべんなく吹きかけ、アルミホイル上に並べます。水をかけるのは、衣に染み込んだ水分が加熱したときに蒸発して細かい空洞ができ、衣のサクサクとした食感を生むためだそうです。



3.オーブントースターの網の上にのせて2分加熱すれば完成。

これはカンタン♪ ですが、わが家の場合、1つ問題がありました。なんと、オーブントースターがない! オーブンレンジしかないのです。

【検証!】オーブンレンジでもサクサクにできる? オーブンは何度に設定する?


わが家のオーブンレンジでも「家事ヤロウ!!!」での紹介方法が通用するのか、検証してみることにしました。



ところで、レシピで「オーブントースターで●分」と指示がある場合、オーブンレンジなら何度に設定すればよいのでしょうか。
調べると、メーカーや公的機関による見解はインターネットでは見当たらず、その他の情報サイトでは「だいたい200~250度」という見解が多いようでした。「機種による」ということかもしれません。

わが家のオーブンレンジの場合、オーブン温度設定はトーストなら予熱後250度、揚げ物調理は余熱なしで230度といった具合。
210度以上に設定しても、5分経つと自動的に200度に切り替わります。そこで、今回はすべて「予熱あり」で230度に設定することにしました。

検証に使ったのは、夕食用に買ったお惣菜の天ぷら。翌日にはこのように“しんな~り”としていました。



全体に霧吹きで水を吹きかけたあと、



オーブンレンジのオーブン機能で、予熱後230度上段で2分加熱すると、まだ“しんなり”。裏返してさらに2分、200度のオーブンで温めたところ、見事サクサクに!



ごはんにのせて天丼に。インゲンやエビはカリっと、さつまいもやかき揚げは表面サクッとして中しっとりで、いい感じです♪


コロッケでも応用できる?! 霧吹き+オーブンレンジで試してみた


コロッケでも「家事ヤロウ!!!」の方法が通用するのか検証。オーブントースターに入れる直前までは手順通りで、あとはオーブンレンジを使用しました。

いろいろ試した結果、予熱後230度上段で7分、裏返して200度7分温めて、サクサクの仕上がりに。



しかし、裏表で計14分とは!! 電気料金も気になるところですよね。

そこで、電気料金をチェック。全国家庭電気製品公正取引協議会の目安単価は現在27円/kWh(税込)、一般的なオーブンレンジのオーブン機能使用時の出力1000Wで計算すると、

「電気料金(円)= 1(消費電力1000WをkWに単位変換)×使用時間(h)×27円(1kWhあたりの電気料金)」

となります。これで考えると、オーブン機能(出力1000W)で1時間(60分)使った場合、電気料金は27円。1分あたり0.45円で、14分なら6.3円になります。これを高いと感じるか、安いと感じるかは人によるかと…。



ちなみに、14分かけてサクサクにしたコロッケは、パンにはさんでランチにしました。少し時間が経ってもまだサクッとしていたので、個人的には満足です!

唐揚げもオーブンレンジでサクサクにできる?


「家事ヤロウ!!!」の方法をから揚げでも試してみました。霧吹きで水をかけ、しわくちゃのアルミホイルの上に置いて、オーブンレンジで検証開始。

結果、から揚げは予熱後230度上段で4分、裏返して200度4分温めたところ、サクサクになりました。



ただし、写真のとおり、部分的に焦げができてしまうことに。
かと言って、下段で加熱してみたところ、10分以上加熱してもサクサクにならなかったのです。多少焦げても、上段で加熱するのがてっとり早い、と感じました。



唐揚げの場合、厚みがあるので先に電子レンジ500Wで30秒ほど温めてから、「家事ヤロウ!!!」流のアルミホイルを使ってオーブントースターにかけるのもいいみたいです。



唐揚げもパンにはさんでランチにしました。カリッとして、中はジューシーでおいしかったです。

ひと手間かかるけど、サクサク熱々にするとご馳走感が上がる!




そのままパクっと食べたいフライ物。食べる前にオーブンで加熱するのは、ちょっとした手間ですよね。でも、これで揚げたてのサクサク感が復活すると思うと、やってみる価値はあると思います。

わが家では、夕飯で残ったフライ物を翌日、私のランチに使うことがよくありますが、この方法でご馳走感がアップするのを実感しています。よかったら、ぜひ、お試しください!

写真・文/北浦芙三子

参考/テレビ朝日『家事ヤロウ!!!』「冷めた天ぷらをサクサクに復活させる方法」(2021/5/4放送)
全国家庭電気製品公正取引協議会公式サイト

当記事は暮らしニスタの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ