【注意】スシローのテイクアウト限定爆盛り丼「うな丼トリプル」がウナギの森すぎて種田山頭火も迷子になるレベル! ただし……



コスパのためなら爆盛りも辞さない回転寿司チェーン・スシロー。そんなスシローが本日2021年7月8日から、テイクアウト限定でうな丼の販売を開始したことをご存じだろうか

8月1日までの期間限定で販売されるうな丼。公式サイトのニュースによると、種類は3種類あり、うなぎ量で「シングル(税込640円)」「ダブル(税込1080円)」「トリプル(税込1520円)」とラインナップされている。

中でもトリプルは「驚愕のボリューム!」とのこと。一体どれほど爆盛りなのか? そこでさっそくうな丼トリプルを買ってみたところ……

・ギュウギュウ
プラケースのフタ越しでも分かる。マジでギュウギュウだ。フタを開けたらウナギが飛び出してきそうなほどに詰まっている。ウナギがテイクアウト用の容器の中で おしくらまんじゅう してるみたいだ。

しかも、開けてみると、表面に敷き詰められているだけではなく、2枚3枚とうなぎが折り重なっている。米どこだァァァアアア!

分け入っても分け入ってもウナギ──。そんな一句が浮かんだ頃、ウナギの地層の奥深くに米の姿を捉えた。良かった。米いた。

・味
さすがウナギ15枚。種田山頭火も迷子になるレベルだ。しかも、食べてみると、1枚1枚がまた分厚い。食べごたえ抜群である。ちなみに、米は酢飯なので、味はどちらかと言うと、うな丼というよりうなぎ寿司だ。酢飯には錦糸卵と海苔も敷き詰められており、うなぎちらしという感じ。

・注意
というわけで、ボリュームは確かに驚愕であった。ただし、実際に買ってみて個人的にちょっと注意すべきと思った点があったためお伝えしておきたい。私(中澤)は新宿三丁目店(都市型店舗)で購入したのだが……

税込み1830円だった

そう、公式のニュースより310円も高いのである。ちなみに、うな丼ダブルは税込み1300円、うな丼シングルは税込み770円といずれも結構違う価格。

どうやら、これは都市型店舗価格なようだが、普段のメニューは20円プラスが基本なので、いつものノリで購入しようとしたら衝撃を受けた。都市型店舗で購入する人は上記の価格となっているため注意してくれ。

参考リンク:スシロー
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ