圧巻のヴィラン力!『ジャスティス・リーグ』ステッペンウルフ登場!!

プライム1スタジオのミュージアムマスターラインに『ジャスティス・リーグ』に登場するヴィラン「ステッペンウルフ」が迫力のディティールで登場する。

ジャスティス・リーグの ”新生” メインヴィラン、圧巻のディテールで立体化!

ザック・スナイダーが全て監督、再編集した新たなジャスティス・リーグ、『Zack Snyder's Justice League』からのスタチュー化最新作が登場する。
まさに息を呑む造形美、劇中のメインヴィランである「ステッペンウルフ」が、ミュージアムマスターラインに堂々見参だ!

劇場公開版に登場したデザインとは大幅に異なる、より異世界のエイリアン的スタイルへと変貌を遂げたスナイダーカット版ステッペンウルフの異形感満載のその姿を完全立体化。

本作の一番の注目ポイントは、薄く細かい金属状のプレートが幾十にも重なり形作られたかのような、複雑怪奇かつ幾何学的美しさを孕んだアーマーの造形!
立体化が困難と思われるこの部分はプライム1スタジオの技術により細部に至るまで精密に再現され、その造形はまるで見るほどに深く引き込まれてしまうような圧倒的な美しさを誇っている。

劇中での凶悪さを物語るかのような、吊り上がった目と生々しい皮膚の質感が印象的な頭部、筋骨隆々とした流れるようなボディライン、愛用の武器エレクトロ・アックスを構え胸を張る荘厳な立ち姿、すべてがメインヴィランたる風格を感じさせる。

そして、その右手には劇中のキーアイテムであるマザーボックスが!
神秘性を感じさせる表面の複雑な文様までも見事に再現され、作品をよりドラマティックなものに仕上がっている。

自身を象徴するエンブレムが正面に配されたベース部分は、荒々しく隆起した岩場の地表をイメージし、禍々しい劇中での存在感を演出。世界観を盛り上げてくれる。
また、台座の裏とパッケージにシリアルナンバーが入る。

DX版には台座の裏とパッケージにシリアルナンバーが入るほか、各種ボーナスパーツが付属。起動前の状態のマザーボックスを持つ右手、拳を握り前方に出した状態の右手、下げた状態の右腕、が付属し、お好みで差し替えが可能。よりバリエーション豊かなディスプレイを楽しむことができる。

全世界500個限定のDXボーナス版には、台座の裏とパッケージにシリアルナンバーが入るほか、各種ボーナスパーツが付属。
起動前の状態のマザーボックスを持つ右手、拳を握り前方に出した状態の右手、下げた状態の右腕、が付属し、さらに本ボーナス版用特典として、”クモ型のしもべ” を手に持つ右手パーツが付属する。

価格は通常版が18万1390円(税込)、DX版は21万7700円(税込)、DXボーナス版は21万7700円(税込)となっている。

いずれも受注受付は2021年7月8日~9月9日までで、発売は2022年11月~2023年1月を予定している。

”恐ろしさ” と ”美しさ” が共存した、ステッペンウルフの新たなる姿を心ゆくまで堪能することが出来る衝撃の一体。皆さまどうぞお見逃しなく!

☆商品イメージをみる(写真3点)>>>

JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements (C) & TM DC Comics and Warner Bros. Entertainment Inc. WB SHIELD: TM & (C) WBEI. (s21)

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ