元NHK青山祐子アナ、9年ぶりの地上波登場で批判殺到「堂々とテレビ出てる」「厚顔無恥」

Quick Timez


(※画像はイメージです)

7日に放送された「今夜くらべてみました」(日本テレビ系列)。

元NHKのアナウンサー、青山祐子アナが出演しましたが批判が殺到。

一体、青山アナに対して視聴者はどういった気持ちでいるのでしょうか。

元NHK青山祐子アナ、9年ぶりの地上波登場で批判殺到


7日に放送された「今夜くらべてみました」(日本テレビ系列)。

元NHKのアナウンサー、青山祐子アナが出演しました。

現在は香港に在住しているとのことでZOOM出演となりましたが、海の見える眺望のよいタワーマンションとおぼしき自宅からセレブ生活を披露。

番組では、4人のお子さんとの香港生活を紹介しますが、青山アナは2012年1月20日の出演を最後に産前産後休暇及び育休を取得します。

そして2012年3月上旬に第1子男児、2013年6月下旬に第2子女児、2015年7月に第3子男児、2017年2月に第4子女児を出産するなど、4人の子どもを授かり、育児休業制度を利用して約7年間休職し、そのまま復職する事なく2019年3月15日にNHKを退局していた事が明らかとなりました。

退局が明らかとなった当時も、復職前提の休業制度であるにも関わらず制度を利用するだけ利用したことからバッシングを受けます。

そして今回、育休中から香港でセレブ生活を送っていた事が明かされると視聴者からは

《元NHK青山祐子アナ、香港でのセレブ生活をテレビで嬉々として報告していた。国民の払った受信料で何年も産休育休の取り放題。連続4人産んで結局退社。》

《青山祐子や 産休育休フル活用してから退職した人堂々とテレビ出てる》

《青山祐子さんて、ずっと産休育休取り続けてた人か》

《7年間産休育休して復帰せず辞めて、今度は香港から中継とか明らかに厚顔無恥。》

《産休・育休という制度を拡大解釈した傲慢なヤツ》

《青山祐子アナ、7年も住んでるって事はもうNHK復帰する気ないって感じだったのね。さすがに産休育休そんなに繰り返すのはなあ》

《この方って産休MAXまで取った上に復帰せずに辞めた人だよね。商魂たくましいというか何というか。今はわざと反感を買いに来てるのかな。》

《ファンでしたが育休を目一杯取得して復職せずにNHKを退社した時点で怒り心頭です。わざわざ民放に出るなんて何を考えているのでしょう。》

など、育休手当をもらうだけもらったあげくに退局した厚顔無恥な姿勢を批判する声が殺到しました。

青山祐子アナ、番組内で今後の日本戦略を明かす


番組では、夫の仕事の都合で7年前に香港へ移住した事を説明しましたが、その時期はNHKで育休を取得している真っ最中になります。

育休は復帰前提の制度ですが、子どもの預け先がない、子どもの体調やメンタル面での不安がある、その他にも本人に復職する気持ちがないなどやむを得ない事情で退職することもあります。

平成30年度雇用均等基本調査によると、平成30年度に育休を取得した女性の10.5%のママが育休後に退職したそう。

育休開けに退職するのは、法律の観点から見ても可能ですが、勤労道徳の観点からすると周りからの反感を買ったりモラルのない人であると認定される可能性は拭いきれません。

ましてやNHKは国民の受信料で成り立っているわけですから、私たちの受信料が4度の育休手当に使われ、そのまま退局した際の退職金として支給されたのであれば、その使途に怒り心頭となるのは明白です。

とはいえ、青山さんが初産を迎えたのは39歳のとき。

その後、立て続けに妊娠・出産しますがアラフォーでの出産・育児にかける体力は並大抵のものではありません。

加えて、夫の仕事の都合での香港移住という事は、もしかすると本意ではなかったのかもしれず、憶測となりますが当初は復職をしっかりと視野に入れていたのでしょう。

しかし、そうすると夫婦いずれかが単身赴任などになり別居となります。

別居生活を続けて4人の子どもの面倒はどうするのか、サポートは得やすい環境なのか、金銭面での負担はどの程度なのか、たくさんの事を天秤にかけての退局だとしたらそれは青山さん1人が抱え込む事ではありません。

NHKという大きな組織であるが故に、育休制度という素晴らしい制度をフルに活用できましたが、組織陣であるが故にフレキシブルに働き方を変えられず叶わなかった事もあるでしょう。

青山さんは、番組内で香港に住んだ事で英語の重要性を痛感し、来春、福岡に世界で戦える人材を育成するような学校を開校予定との展望を明かします。

フリーアナウンサーでありながら、自分の可能性を信じて仕事につなげていく姿勢を見ると、仕事人である事がはっきりと伺えた青山さん。

育休制度をフル活用して逃げ切った印象はまだまだ強烈ですが、これからの仕事で挽回してもらいたいものです。

(文:Quick Timez編集部)

当記事はQuick Timezの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ