黒木瞳、憧れの人“浅田美代子”と感激のツーショット

女優の黒木瞳(60)が、学生時代に最も憧れた“神”アイドルとのツーショットをインスタグラムに公開した。当時集めていた雑誌の切り抜きは今でも大切に保管しており、共演した番組では夢だったデュエットも実現し感無量な面持ちであった。

7月4日放送の日本テレビ系『行列のできる法律相談所』“昭和・平成・令和の神アイドルVS明石家さんまSP”にゲスト出演した黒木瞳。司会の明石家さんま(66)とは、彼が主演を務めたTBS系『さとうきび畑の唄』(2003年9月)で共演している。さんまが一目惚れして駆け落ちした女性を演じたのが黒木だった。

そんな黒木が10代の頃、憧れていたのが浅田美代子(66)である。16歳でスカウトされた浅田はすぐに人気ドラマ『時間ですよ』(第3シリーズ)の新人オーディションを受け、2万5千人の中から選ばれ“お手伝いさん”役でデビューを果たす。愛くるしいルックスで瞬く間に人気者となり、劇中で歌った『赤い風船』も大ヒット。歌番組にも出演するなど、あっという間に国民的なアイドルとなったのだ。そんな浅田の大ファンだった黒木のお気に入りの曲は、『虹の架け橋』。1974年にリリースされた曲だが、今でも歌詞を見ずに歌えるという。ドラマやバラエティ番組を通して浅田と30年以上の付き合いがあるさんまも、元々は彼女のファンだった。2人はプライベートでも食事をしたりゴルフに行くので、浅田の天然エピソードには事欠かないのである。

同番組で黒木は『赤い風船』を浅田とデュエットし、本当に嬉しそうであった。6日の『Hitomi Kuroki hitomikofficial Instagram』には、そのスタジオで撮影した浅田とのツーショットを公開している。大女優と呼ばれる黒木が一ファンとして、憧れの人の横でちょっとはにかんだような表情を見せているのが新鮮だ。コメント欄にも「お2人とも可愛い」「瞳さんが美代子さんのファンのように私は、瞳さんの宝塚時代からのファンです」「お二人とも若いですね。永遠のアイドル!」「演技以外の黒木さんを見ることができて幸せでした」と浅田美代子とのツーショットを喜ぶファンの声が届いている。

画像2、3枚目は『Hitomi Kuroki 2021年7月6日付Instagram「ご覧下さった方、ありがとうございました♪」、2021年7月2日付Instagram「7/4 行列のできる法律相談所みてね」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ