剛力彩芽&Dream Ami「たくさんの笑顔があふれますように」~ミュージカル『#チャミ』オフィシャル製作発表レポート

SPICE



剛力彩芽Dream AmiがW主演を務める、ミュージカル『#チャミ』の製作発表が、2021年7月7日(水)に自由劇場にて行われた。オフィシャルレポートが届いたので紹介する。

本作は韓国で生まれたミュージカルで、耳に残るメロディと斬新なストーリーが話題を呼び、トライアル公演では観客や批評家から高い支持を得て全席完売を記録。平凡な主人公「チャ・ミホ」と、彼女のSNSの中に存在する完璧な自分「チャミ(@CHA_ME)」の物語を愉快に描き出す物語だ。そんな作品が、2021年9月から、日本人キャストで上演されることとなった。ミュージカルに初めて挑戦する剛力とAmiが、それぞれ一人二役で主人公を演じるほか、井阪郁⺒反橋宗一郎丘山晴己石井一彰が相手役を務める。
ミュージカル『#チャミ』の製作発表より
ミュージカル『#チャミ』の製作発表より

本公演で初共演となる剛力とAmiは、お互いの印象についてコメントした。剛力は「すごく元気なイメージだったけれど、実は意外と人見知りなのかなと思って、むしろそこに共感しました」、Amiは「剛力さんはテレビのまんまのイメージ。私の人見知りを察して、いつも先に話しかけてくれる。舞台の中でムードメーカーになってくれそう」と微笑みあった。共演の面々も井阪は「ビジュアル撮影でのふたりの姿が、ブランドの広告の様な完成度で同じ人間とは思えなかった」、丘山は「すでにチャーミングなおふたりと同じステージに立つのが今から楽しみ」と、ふたりの主演に期待を寄せた。

SNSがモチーフとなった本作のテーマに話が及ぶと、演出を担当する田尾下 哲は「本来は楽しむためのSNSが、『いいね』を集めることが目的となったり、加工アプリで現実とのギャップに悩んだりと、ストレスになってはいないか。韓国発信のミュージカルだが、日本はもちろん世界にも通じる普遍的な悩みを描いた物語」とコメント。また、翻訳家の安田佑子は「俳優さんたちのコメディエンヌぶり、コメディアンぶりが見どころの楽しいミュージカルだが、その背景に『ありのままの自分を大切に』というメッセージがある」と解説した。
ミュージカル『#チャミ』の製作発表より
ミュージカル『#チャミ』の製作発表より

主人公のミホがSNS上の完璧な自分「チャミ」を生み出してしまうことについてAmiは「(自分も)SNSでよく見せたいという気持ちはある。SNSや自分とどういうマインドで向き合うか、考えるきっかけにしてほしい」と、剛力は「SNSはみんなが繋がれる場所で素晴らしいけれど、価値観を押しつけすぎたりすると、みんなの嫌な気持ちの方が強くなってしまう。『#チャミ』のポップさで、思いを伝えたい」と語った。

さらに、7月7日にちなんで、最後に出演者の面々はそれぞれの願いを込めた七夕の短冊が披露された。剛力は今なおマスクが必要な世の中に対して「たくさんの笑顔があふれますように」、Amiは自身のデビュー記念日ということを踏まえて「これからも7月7日をお祝いし続けられますように」と願いを語った。
ミュージカル『#チャミ』の製作発表より
ミュージカル『#チャミ』の製作発表より

ミュージカル『#チャミ』は自由劇場にて、2021年9月9日(木)~21日(火)にかけて全22回公演される。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ