クリエイターズ・ファクトリーグランプリ作品『ブラック』上映イベント7月15日開催


この度、7月15日(木)有楽町シアターにて、『京都国際映画祭クリエイターズ・ファクトリー2020グランプリ作品上映イベント』の実施が決定したとの新着情報が届きました!

山元環監督の話題作『ブラック』上映


出典: (C) 京都国際映画祭

毎年開催される「京都国際映画祭」内で実施される映像文化における“次世代を担う人材、才能”の発掘を目指した、公募プロジェクト 「クリエイターズ・ファクトリー」。2020年はリモートで開催されました。

本イベントでは、授賞式が行われるほか、【エンターテイメント映像部門】でグランプリに輝き、ピース・又吉直樹、ジャルジャル・後藤淳平、シソンヌ・じろうなど人気芸人たちを唸らせた山元環監督の話題作『ブラック』が上映されるとのこと。

『ブラック』の見どころ


出典:(C)2020 FUTANOGO

山元監督は本作の見どころについて「バカバカしいけど面白い、浦尾透の哀愁と可愛げが見所です。やっと“あの音”を映画館で大音量で聞けることに歓喜してます。コロナのファーストインパクトで仕事を失っていた時期、兄弟3人だけで作り上げたエールを是非有楽町シアターに観に来ていただきたいです!!」とコメントし、意気込みを語っています。

さらに、審査員を務めた春日太一(映画史研究家)、天明晃太郎(放送作家)、松崎健夫(映画評論家)と受賞監督とのトークも実施されるとのこと。未来の日本映画界を担う若手監督たちが顔を揃え、映画人たちと繰り広げる貴重なトークにぜひご期待ください!

なお、前売りチケットは「FANYチケット」にて、絶賛発売中です。
山元環監督プロフィール
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

大阪芸術大学映像学科卒業。双子であり俳優である山元駿を主演に製作した卒業制作「ゴロン、バタン、キュー」がPFFアワード2015審査員特別賞と神戸賞受賞。第27回東京学生映画祭で準グランプリと最優秀役者賞(山元駿)、第18回京都国際学生映画祭では沖田修一賞、李鳳宇賞、観客賞の三冠受賞。ショートフィルム「ワンナイトのあとに」(2019)がYouTubeで280万回再生。映画「ブラック」が京都国際映画祭2020 クリエイターズファクトリーにてグランプリを受賞。
審査員紹介
春日太一

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

映画史研究家。「時代劇は死なず!」「天才勝新太郎」「仲代達矢が語る日本映画黄金時代」「あかんやつら東映京都撮影所血風録」「役者は一日にしてならず」「鬼才五社英雄の生涯」「時代劇入門」「時代劇聖地巡礼」など著書多数。2015年より京都国際映画祭クリエイターズ・ファクトリーの審査員長を務める。

天明晃太郎
放送作家。エンターテインメント深掘トーク番組「WOWOWぷらすと」の構成演出を担当。BS朝日「ベストヒットUSA」プロデューサー。これまでもラジオ、テレビなど数多くの番組の構成を担当。

松崎健夫
映画評論家。テレビ、映画の現場を経て執筆業に転向。『映画館へ行こう!』、『そえまつ映画館』など、テレビ・ラジオ・配信番組で映画を解説。『キネマ旬報』誌や劇場パンフレット等に多数寄稿。共著に『現代映画用語事典』などがある。

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ