【ビルボード】BTS「Butter」がストリーミング7連覇 YOASOBI「夜に駆ける」2位に上昇<7/7訂正>

Billboard JAPAN



2021年7月7日公開(集計期間:2021年6月28日~7月4日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、BTSの「Butter」が7週連続となる首位を獲得した。

「Butter」は、BTSが5月21日にリリースした最新シングルで、自身の楽曲では「Dynamite」に続いて2作目となる全編英語の楽曲。5月26日付で初週の週間再生回数としては歴代最多となる14,021,650回を記録した同曲は、翌週6月2日付でさらに数字を伸ばし、週間再生回数の歴代最多記録となる29,935,364回を記録した。7連覇を果たした当週の再生回数は前週比88%の13,767,047回をマーク。推移としては減少となったが、週間1,000万回超えの高水準はいまだキープしている。また、「Dynamite」は前週比93%の8,374,876回で3位をマークしており、チャートインは46週目を記録した。

前週6位だったYOASOBIの「夜に駆ける」は、当週4ランク・アップして2位となり、22週ぶりのトップ3返り咲きを果たした。7月2日にリリースされた英語版「Into The Night」の再生回数が加算されたことが大きな要因で、再生回数は前週比113%となる8,486,128回を記録している。また、同時リリースされた新曲で、NTTドコモ「ahamo」のCMソングとして起用されている「三原色」は、3,802,915回再生で21位に初登場したが、これら週後半のニュー・リリースの影響と、7月4日に行われた【無料配信ライブUT×YOASOBI『SING YOUR WORLD』】の話題性を踏まえると、YOASOBIのチャート・アクションは次週、さらに活性化するのではないかと考えられる。

米津玄師が5月31日に配信、6月16日にCD発売した最新シングル「Pale Blue」は9位に。また、同シングルのカップリング曲「死神」は、前週91位から当週31位に大きくジャンプアップした。同曲は古典落語をモチーフとした楽曲で、24日に公開されたミュージックビデオでは、米津自身が噺家、死神、観客すべての役を演じている。

当週100位内に初登場した楽曲としては、前述のYOASOBIの「三原色」が最高位で、続く2番目はTWICEの「Perfect World」で23位をマーク。7月28日にリリースされる日本オリジナル・アルバム『Perfect World』の表題曲で、同作からはほかに「Alcohol-Free」が28位、「Kura Kura」が80位に入っている。

◎【Streaming Songs】トップ10
1位「Butter」BTS(13,767,047回再生)
2位「夜に駆ける」YOASOBI(8,486,128回再生)
3位「Dynamite」BTS(8,374,876回再生)
4位「ドライフラワー」優里(7,957,842回再生)
5位「怪物」YOASOBI(7,784,293回再生)
6位「きらり」藤井風(6,881,630回再生)
7位「踊」Ado(6,783,154回再生)
8位「Cry Baby」Official髭男dism(6,222,183回再生)
9位「Pale Blue」米津玄師(6,109,374回再生)
10位「怪盗」back number(5,898,176回再生)

※()内はストリーミング再生回数。
※総合ソング・チャート“HOT 100”のストリーミング指標と動画再生指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、一部サービスにおけるデータを無料ストリーミングと有料ストリーミングで分けて集計し、それぞれ異なる係数を乗じているため、再生回数の合算によるランキングとは異なる場合があります。
※記事初出時、最下部トップ10の順位および再生回数に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ