話題の中華系フードコート食府書苑、「ストローで飲む小籠包」が最高すぎた

しらべぇ




東京・池袋駅北口出てすぐの雑居ビルに、日本とは思えない魅惑のフードコート「食府書苑」がオープン。

そこには、長年中華料理を食べ歩いてきた記者もたじろぐような、衝撃的な本場の味が揃っていた。

■本気で入るのに勇気いった




中国のフードコート「食府書苑」がオープンしたのは6月6日。場所は北口を出てすぐのエリアにある中国料理の食材店などが集まっているエリアで、このあたりは数年前から「池袋チャイナタウン」との異名がついている。



入っている雑居ビルを発見したものの、ビルに入った瞬間日本人には読めない看板やポスターが目に飛び込み、「潜入取材どんと来い」が口癖の記者も正直怖気づいた。

■見慣れない漢字たち




2階に上がると、手前に中国語書籍だけを集めた書店があり、その周囲に7店舗の飲食店が並んでいる。



中華料理好きの記者だったが判断できたのはタピオカ専門店と四川料理の店だけで、その他はどこの地域の料理なのか皆目理解できない。というか、そもそも漢字が読めない上に掲載されている料理写真も初見のものばかりだった。



メニューには日本語和訳がしっかり書いてあるのだが、「カニガンタンポオ(880円)」「アワビガンタンポオ(980円)」「骨なしもみじのレモン掛け(800円)」「鶏がらの揚げ(800円)」とカタカナ表記のものや、やや日本語的にも怪しい表記が多く、写真を見て判断するしかなかった。

■よし「カニガンタンポオ」に決めた!




くよくよしていても仕方がない。音的になんだかかわいらしい「カニガンタンポオ(880円)」を注文しよう。



書店の横に小さなカウンターがあり、そこが注文場所。お姉さんに「カニガンタンポオ下さい」と伝えると、「はい、880円ね」と対応してくれ、フードコートでよく見る発信機みたいなのをくれた。おお、これはいつものやつ。なんだか昔からの仲間がいたような感覚で心強い。



それを手に持って席からフロアを見渡す。食べているのは中国人のビジネスマンや学生が多く、中には日本人2人で食事を楽しんでいる人も。書店で立ち読みしている人もいる。なるほど、ここはおしゃれさは皆無な中国版ブックカフェだ。慣れてしまえば非常に居心地がいい。

■「巨大小籠包」は最高の味




さて、そうこうしているうちに目の前で包んでくれた「カニガンタンポオ」が登場。これ、簡単に言えば巨大な小籠包。

通常の小籠包10個分くらいが合体し1個になっている。なので、中に入っている熱々スープの量が尋常でない。そしてほぼ冷めない。なのにご丁寧にタピオカ用の太っいストローが刺してある。

「これで…飲めってことだよな」と記者は一瞬たじろいだが、これが中国流のおもてなしかもしれない。思いっきりすすったが、口に入る寸前でその異常な温度に体が勝手に反応してしまって、それ以上吸えなくなった。これは不思議な現象である。



どうにか一口吸い込むとめちゃくちゃウマい。カニのエキスが滲み出ていて、これまで食べた小籠包の中でも抜群の上位にランクする味だ。しかし…繰り返すが熱い&吸えない。

しかたないと箸でまんじゅうを崩そうとすると、ここの売店の女性料理人が飛び出してきて、「あー、お兄さんだめだめ! まずスープを吸わないと美味しくない!」と止めてくれた。



その優しさに「謝謝」と笑顔で答えた一方、「…この闘い、長くなりそうだぜ」と空を見上げる記者だった。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ