『はめふらX』第2話 カタリナ、回避したはずの悪役に⁉︎

7月2日(金)より放送開始となるTVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X』の第2話あらすじ、場面カットが公開された。

アニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X』は、アニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』の続編(セカンドシーズン)。山口悟による原作は、シリーズ累計400万部を突破し、一迅社文庫アイリスより好評刊行中。略称は『はめふら』。

乙女ゲームの悪役令嬢カタリナ・クラエスに転生してしまった17歳の女子高生が、ゲームの世界の彼女の結末であるハッピーエンドで〈国外追放〉、バッドエンドで〈死亡〉と究極の二択、破滅への道を回避するため奔走するその姿と、彼女を取り囲む魅力的なキャラクターたちが織りなす世界観は数多くの人たちに支持され、原作ノベルのコミカライズ作品は『次にくるマンガ大賞2019』コミックス部門第4位にも選出された。
ファーストシーズンでは、カタリナは苦難の末、ゲーム中に登場する破滅フラグを全部回避して最終回を迎えている。

『はめふらX』第2話は、7月9日(金)深夜1時25分よりMBS/TBS系全国28局ネット ”スーパーアニメイズム” 枠にて放送開始。
そして今回のコメンタリー副音声は、キース役・柿原徹也さんと、ニコル役・松岡禎丞さんが担当する。

「破滅フラグ」を回避したはずのカタリナに待ち受けているのは⁉︎
あらすじ、先行カットはこちら!

<第2話 「悪役になってしまった…」>
生徒会が主催する演劇で、役者の一人が怪我をしてしまい、急遽代役を探すことになってしまう。開演までの時間が刻一刻と迫る中、ソフィアたっての希望で代役を引き受けることになったカタリナ。どこかで聞いたことがあるような内容の台本を受け取り、彼女は舞台に上がるのだった。

>>>『はめふらX』第2話場面カットを見る(写真7点)

(C)2021 山口悟・一迅社/はめふらX製作委員会・MBS

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ